トップへ戻る

海外で働きたい看護師必見!新人ナースの海外留学事情について

看護師の海外留学事情について

海外で働きたい看護師必見!新人ナースの海外留学事情について

海外で働きたい看護師必見!ナースの海外留学事情

 

海外へ行く看護師は非常に多いのではないでしょうか?

 

 

働いていた職場でも夏季休暇の時期になると、
休憩室の机の上に世界各国のお土産がよく並んでいたことを思い出します(^^)

 

 

そこで、なぜ看護師の海外旅行率が高いのか考えてみました。

 

 

基本給がある程度高く、ボーナスが保障されている
病院によっては、1週間前後の休暇をとることができる
日頃のストレスを発散し、現実逃避できる場所を探している
海外旅行にいく看護師が多いため、海外旅行が身近なものである
アクティブな人が多い

 

 

 

 

海外旅行率が高い理由をあげてみると、
多くの看護師が海外旅行に行っている理由が分かる気がします。

 

 

海外旅行に行くことで、海外に出ることへの苦手意識が薄くなりますし、
また看護師の多くは向上心が高く、何事にもチャレンジしたい人が多いようにも思えます。

 

 

そのため日本の病院である程度働いた後に、海外留学する看護師は珍しくありません。
海外留学する人がみんな海外で看護師として働きたいとは思っていないと思いますが、
少なからず海外で働きたいと思っている看護師は多いはずです。

 

 

では実際に、看護師が海外留学に選びやすい国を考えてみました。

 

 

 

第1位:オーストラリア

 

オーストラリアは気候も暖かく人も陽気なため、住みやすいです。
もともと移民の国ということもあって留学生や旅行者に対して、
暖かい気持ちを持っている人が多いのも特徴の一つです。

 

 

 

 

また、政府が外国人学生の受け入れを積極的に行ってきたこともあり、
教育プログラムが比較的整っていることも住みやすいポイントです。

 

 

オーストラリアは日本と初めてワーキングホリデー制度を結んだ国でもありますし、
セカンドワーキングホリデー制度という2年目ワーホリと呼ばれているものもあります。
ただ、オーストラリアはイギリス英語な上、訛りがあるので、
私たちが普段聞き慣れているアメリカ英語とは異なるため、
聞き取りにくさを感じる人もいるかなと思います(^^;)

 

 

また物価が高いため、生活をする上ではある程度の生活費は
準備していた方がよいかと思います。

 

 

海外で看護師として働くためには、オーストラリアはより働きやすい場所でもあります。
後々、看護師と働くことを見据えた看護留学というものもあるのです。

 

 

それはアメリカでも看護留学はあるのですが、オーストラリアは看護師をするために
国家試験などはないため、一定の英語力と現地での経験が重要視されます。

 

 

 

第2位:カナダ

 

カナダも海外留学としてはとても人気です。
英語の発音がキレイと言われていることはもちろんですが、
他国の人も暮らしやすいと言われていることも人気なポイントの一つです。

 

 

留学費用はオーストラリアやアメリカに比べて安く、
治安も良いため実際に留学、生活がしやすい環境です。

 

 

さらに語学留学だけでなく、ワーキングホリデー制度を設けており、
他職種に就職することができるため、海外留学でも非常に人気のある国です。

 

 

また海外で看護師免許を取得し働きたいと考えている人にも、カナダは最適だといえます。
日本よりも看護師への待遇が良く働く環境が良いのです。
実際に、カナダで看護師や看護助手として働いている先輩もいます。

 

 

 

第3位:アメリカ合衆国

 

自由の国のアメリカ!はやはり非常に人気です。
そのため様々な人種が暮らしていため、色んな地域からの留学生も多く、
よりグローバルな英語を学ぶことが出来ます。

 

 

 

 

ただ、アメリカはワーキングホリデー制度を設けていないため、
アメリカで働くとなるとインターンシップやボランティアという方法もあります。

 

 

そのためアメリカへの留学は語学留学がメインになるかと思います。
また、現在はビザの取得が難しく、円安で他国に比べて物価も高いため、
アメリカでの留学は年々難しくなっていることも現状です。

 

 

今はワーキングホリデー制度があり、海外で働くことが難しいことではなくなりました。
海外留学で、ある程度の語学力を身につけて、その国で働く。
また海外留学をした人の中には、資格を活かして海外で看護師をしている人もいます。

 

 

 

まとめ

 

海外留学するためには、勇気と決断力、好奇心、向上心が必要です。
しかし現実問題では、一定の留学資金を準備していることが第一条件となります。

 

 

そのために、長年同じ場所で働き留学資金を貯めている人もいますし、
短期で集中的に働き留学資金を貯めている人がいます。

 

 

看護師は日本では資格さえあれば、どこでも働くことができます。
海外留学をしたいと思っている女性の中には、
帰国後に再就職ができないかもしれないという不安から、
海外留学を諦める人もいるのです。

 

 

どこの国でも行ける日本のパスポートが魔法のパスポートと呼ばれているみたいに、
いつでもどこでも働くことができる看護師免許は魔法の資格ではないかと思います。

 

 

 

 

長期的に勤めたい人も短期的に勤めたい人も、
魔法の資格を持ってい看護師には様々な働き方があります。

 

 

もし海外での仕事ってどんなものがあるんだろう?と気になる人は、
是非看護師転職サイトに相談してみることで、
思いもよらない職場を提案してもらえることもあります。

 

 

看護師がどんどん海外でも活躍出来る未来はそう遠くないかもしれません。

 

 

転職を考えている人にはこちらの記事もオススメです

 

 

関連ページ

苦手な患者さんとのコミュニケーション
看護師の仕事をやっていく中で、どうしても苦手な患者さんは出てきてしまうのではないでしょうか?横暴な振る舞い、セクハラ、無愛想など、、患者さんにも様々なタイプの患者さんがいます。そんな患者さんとのコミュニケーションを取る上での3つのポイントを紹介します。
辞めたいと思った時に考えて欲しい3つのこと
新人看護師として働いているナースは辞めたいと思ったことがある人も多いのではないでしょうか?そんな時にふと立ち止まって考えてみて欲しいのです。辞めたい理由は何なのか?身体や心に異常が起きていないか?などチェックをした上で看護師を辞めるかどうかを考えてみてください。
夜勤デビューに向けてやっておきたいこと
新人看護師の夜勤デビューは不安も大きいのではないでしょうか?日勤のみでもまだ一人前とは言えない中で本当に夜勤に入れるのかな…と心配する人も多いのではないでしょうか?そんな夜勤デビューに向けてやっておきたい3つのことをまとめてみました!
循環器内科での苦労とやりがいについて
循環器内科に興味がある人も多いのではないでしょうか?そこで私が以前働いていた循環器内科での苦労とやりがいについてまとめてみました。忙しそう、残業が多いのでは?なんてイメージを持たれることも多いですが、その分患者さんとの関わりの中で感じるやりがいもあります。
患者さんが亡くなった時の気持ちの切り替え方
新人看護師の場合、患者さんが亡くなることに慣れていない時期には、どうしても患者さんの死に直面するとショックで立ち直れないことも多いのではないでしょうか?実際に私もそうでした。そんな時の気持ちの切り替え方についてお伝え出来ればと思います。
プリセプターになる看護師が知っておきたい3つの心得
看護師として2年目3年目を迎えるとプリセプターとして教育担当を迎えることもあるのではないでしょうか?初めてのプリセプターは誰もが戸惑うことと思います。そこで教育担当になる前に知っておいきたい3つの心得をまとめてみました!
2ヶ月目で悩みを抱える新人看護師へのアドバイス
2ヶ月目の新人看護師の場合、受け持ち患者さんを担当しはじめた頃ではないでしょうか?職場環境に慣れながら覚えることもたくさんあり大変な時でないかと思います。そんな2ヶ月目の新人看護師の悩みへのアドバイスをまとめてみました。

転職についての悩み 体調不良の悩み 人間関係の悩み 不安について 職場環境の悩み 新人看護師の転職先