トップへ戻る

新人看護師 悩み.com|新人の男性看護師の転職先について

男性看護師の転職先について

新人看護師 悩み.com|新人の男性看護師の転職先について

男性新人看護師性のベストな転職先は?

 

以前までは「看護師=女性の仕事」というイメージが強かったのですが、
最近ではどこの病院でも男性看護師の数が非常に増えています。

 

 

また男性看護師はどこの職場でも非常に需要が高いのも特徴です。

 

 

理由としては、体力があるので力仕事を任せることが出来たり、
出産や子育てで長期休暇を取ることもなく退職リスクも少ないためです。

 

 

男性看護師が活躍している病院

 

 

では新人看護師の場合であれば、どうでしょうか?
不景気な世の中でも看護師は100%の就職率という面からも、
最近では男性看護師を目指す学生も増えてきています。

 

 

ただ入職してからのギャップに耐えられなくて退職、転職を考える人も多くいます。

 

 

男性が増えてきたといってもまだまだ肩身が狭い世界なので、
女性ばかりの職場で仕事がやりづらいということも中にはあるかもしれません。
また急性期看護が自分には合わないと転職を考える人もいます。

 

 

では転職を考えた時に、新人看護師であっても仕事は見つかるのでしょうか?

 

 

 

男性看護師は女性よりも転職しやすい

 

男性看護師は、一般的には女性よりも需要が高いと言われています。
需要が高い理由としては、よくあげられるのが下記の3点です。

 

 

人間関係が緩和される

男性看護師は職場の人間関係の緩和剤として重宝されています。
やはり女性ばかりの職場であれば、いじめや派閥が起こってしまいますが、
男性看護師が1人いるだけでも女性は男性の目を気にすることで、
いじめや派閥が起きにくくなると言われており非常に重宝されます。

 

 

体力がある

男性看護師は基本的には女性よりも力があることから、
精神科で患者さんが暴れてしまった時に、活躍出来る存在です。
女性ばかりの職場では、2人3人がかりで患者さんと抑えないといけないところを、
男性看護師であれば1人でも患者さんの暴動を抑えることが出来ます。

 

 

産休・育休に入らない

女性であれば、どうしても産休や育休で長期的に休むタイミングがありますが、
男性看護師はそのような心配がないため、長期的な戦力として考えられます。
だからこそ新婚の女性と男性看護師の面接をした時なんかであれば、
断然男性看護師の方が面接採用にあたっては有利となります。

 

 

基本的には男性看護師は非常に需要があると言われています。
ただ、新人看護師ということで、多少のハンディはあると思っておいた方がいいです。

 

 

では男性看護師が面接の時に気をつけておくべき3つのポイントをまとめてみました。

 

 

 

転職の時に気をつけるべき3つのポイント

 

男性の数が多い配属先を選ぶ

男性看護師は需要があるものの女性と違い、ある程度配属先が絞られてしまいます。
そもそも婦人科や小児科であれば採用されることはありません。
男性看護師が活躍出来そうな職場に狙いを定めることが重要です。

 

 

 

 

体力と精神力をアピールする

採用する病院側も、男性看護師に求めるのは特に体力の部分です。
女性の場合は、男性に比べると体力も弱くなるため夜勤で体調を崩してしまいます。

 

だからこそ「夜勤の数は何回でも大丈夫」であったり「力仕事も問題ない」など、
体力面のアピールはとても大切になってきます。また精神的にも根性があることを
アピールするために、面接では学生時代のスポーツの話なんかをしても良いと思います。

 

 

ネガティブな退職理由を言わない

男性看護師の場合、短期退職になってしまうとイメージは良くはありません。
前職の退職理由に関してネガティブな退職理由を伝えてしまうことで、
「根性がないのかな…?」と思われてしまい、印象も下がってしまいます。

 

「残業が多かった」や「急性期に合わなかった」などネガティブな話をしないのが一番です。
とはいえ転職理由の話をするのは難しいですよね。

 

まずは短期退職となってしまったことは反省している、という旨を伝えましょう。
その上で「病院の教育体制に不安を覚えて、最初の3年は特に看護師としての基礎を
積みたいと思ったので、早期退職になるが転職を決意した」など、
ネガティブをポジティブに変えて話をするのがベストかと思います。

 

 

 

男性看護師の転職先を探すなら?

 

もしあなたが今の職場でどうしても合わないと感じている場合、
1年未満の経験であったとしても転職を考えるのは決して悪いことではありません。

 

 

ただ新人看護師の転職で一番気になるのが、
「転職先が見つかるのか?」ということではないかと思います。

 

 

そのためにも新人看護師の転職の時には、
看護師転職サイトに相談して転職活動を進めることをオススメします。

 

 

男性看護師に求人を提案してくれる転職サイトのコンサルタント

 

 

転職サイトであれば、多くの求人の中から
新人看護師も受け入れをしている病院をピックアップしてくれます。
また退職理由や志望動機の添削もしてもらえるので非常に心強い存在です。

 

 

「登録=スグに転職しないといけない」という訳ではないので、
早めの情報収集だけでもしておくことをオススメします。

 

 

 

男性看護師におすすめの転職サイトは?

 

男性看護師の求人数NO.1「看護のお仕事」

 

看護のお仕事の登録画面

 

 

男性の需要が高い求人を多く扱っている

看護のお仕事では男性看護師の転職先としてよくあげられる、
精神科、透析室、整形外科、オペ室、ICU、救急外来など
給料が高い求人も多く扱っているのが特徴です。

 

 

転職先の内部情報にかなり詳しい

看護のお仕事では看護師の紹介実績も多いので、
病院ごとの内部情報にもかなり詳しいです。

 

実際に働いていた看護師からの口コミを聞いているので、
看護のお仕事では離職率の高い病院リストというものも存在するようです。

 

担当のコンサルタントに「ここの病院は新人イジメがあって…」など、
事前に内部情報を聞いてから転職先を選ぶことが出来るので安心です。

 

 

転職祝い金が最大12万円もらえる

看護のお仕事で転職をすると最大12万円のお祝い金がもらえるので、
せっかく同じ病院に転職するならお祝い金がもらえる方がうれしいですよね。

 

他の転職サイトでは入職半年後の振り込みも多いですが、
看護のお仕事では入職1ヶ月半経過後と振り込み時期も早いです。

 

 

看護のお仕事で男性看護師の求人を探してみる

 

 

 


転職についての悩み 体調不良の悩み 人間関係の悩み 不安について 職場環境の悩み 新人看護師の転職先