トップへ戻る

燃え尽き症候群になってしまいそうな新人看護師への3つのアドバイス

燃え尽き症候群にならないための新人看護師へのアドバイス

燃え尽き症候群になってしまいそうな新人看護師への3つのアドバイス

燃え尽き症候群になってしまう前にやっておきたい3つのコト

 

看護学校を出たばかりの新人看護師は、みんな希望に燃えているため
入ったばかりの時にスタートダッシュで頑張ろうとしすぎてしまうばかり、
ある時急に「燃え尽き症候群」になってしまうケースも少なくありません。

 

 

燃え尽き症候群になってしまった新人看護師

 

 

理由としては看護師に憧れを抱き過ぎて、実際に現場で働いた時に
ギャップを受けてしまうことが大きな原因かと思います。

 

 

ただ看護師の資格を取るまでに相当な努力をしてきていると思います。
だからこそ燃え尽き症候群になって看護師の仕事を離れてしまうのは非常にもったいないです。

 

 

では燃え尽き症候群になりやすい人の特徴についてあげてみます。
あなた自身の中でもあてはまる部分がないかチェックしてみましょう。

 

 

 

燃え尽き症候群になりやすい人とは?

 

燃え尽き症候群になってしまう場合、その人自信の性格である「個人要因」と
職場環境が原因で燃え尽き症候群になってしまう「職場要因」に分かれます。

 

 

(個人要因のケース)

理想が高い人
責任感が強い人
仕事に真面目な人
長期的な目標がない人

 

まず燃え尽き症候群になりやすい人の特徴は上記3点です。

 

例えば、仕事に対して真面目に取組んでいる人ほど、
求められていることに対して一生懸命になりますし、
また求められる以上のことも頑張ろうとしてしまいます。

 

また新人看護師が燃え尽き症候群になってしまうケースとして、
中長期的な目標がない中で目の前の目標に対して
一生懸命になりすぎて、目の前の目標が達成されてしまうと
急に力尽きてしまうケースも少なくありません。

 

 

 

(職場要因のケース)

個人の能力を超える仕事を任される
教育体制が整っていない職場

 

職場要因で燃え尽き症候群になる職場の一つ目が、
個人の能力を超えている仕事を任されるケースです。
例えば、新人看護師として入った職場が人手が足りない場合、
新人看護師には荷が重いほどの仕事量を任されることもあります。

 

 

新人看護師が初めての職場で他と比べることが出来ないので、
その環境が当たり前なんだと思い、一生懸命がんばりますが、
なかなか仕事に付いて行くことが出来ません。
そして心身ともに疲れてしまい燃え尽き症候群になってしまうこともあります。

 

 

二つ目は教育が行き届いてないことで疲弊してしまうケースです。
新人看護師として入った職場が、教育体制がしっかりとしていないと、
中長期的な目標が見えなくなってしまい疲弊してしまうケースがあります。

 

 

通常であれば、新人看護師は研修などで1年間通してプログラムを組んで
いるため、一歩一歩ステップをクリアしていきながら成長していきます。

 

 

教育体制が整っていないことで燃え尽き症候群になってしまう新人看護師

 

 

ただ教育体制が整っていないと「何のために仕事をしているのか分からない」
と感じてしまい、疲弊してしまう人が出てきてしまいます。

 

 

せっかく看護師になったのに短期間で燃え尽きてしまっては非常にもったいないので、
そうならないためにも予防と対策をしていきましょう。

 

 

 

燃え尽き症候群の予防と対策について

 

理想を見なおしてみる

看護師をやっていく上で「看護師はこうあるべきだ」という考えが強いと、
なかなか理想に追いつけない自分に対して焦りを感じるかもしれません。

 

理想が高過ぎる人は自分自身に対して厳しくなってしまうので、
出来たことが増えているのに、やりがいを感じなくなってしまうこともあります。
もし自分が掲げている目標と今の自分にギャップがある場合は、
少し目標を見なおしてみてもいいかもしれません。

 

 

中長期的な目標や夢を見つける

新人看護師が燃え尽き症候群になってしまう一番の理由としては、
中長期的な目標や夢がないことが理由という人が非常に多いです。
どうしても目の前の仕事ばかりに追われてしまうと、嫌なことがあった時や
目先の目標が達成された時に短期で退職になってしまいます。

 

だからこそ「将来的にはこんな看護師になっていたい」であったり
「ゆくゆくは認定看護師の資格を目指したい」など目標を持ちましょう。

 

 

職場環境を見なおしてみる

燃え尽き症候群になってしまう原因は、あなたのせいだけではありません。
先ほど記載していたように、教育体制が充実していない職場では、
教育プログラムがないせいで新人看護師にとっては不安がたまってしまい、
心身ともに疲れてしまった時に「何のために仕事をしているんだろう…」
と悩んでしまうケースも多いため、教育体制の充実は非常に大切です。

 

 

 

 

もし、あなたが今働いている職場の教育体制に不安がある場合は、
転職も視野に入れて職場を見直すことを考えてみてもいいかもしれません。

 

 

また転職も考えている人は、自分1人で転職活動をするのは危険です。
「教育体制の充実」を考えた時に、病院のホームページを見てみたり、
実際に面接の場で聞いてみたとしても、実際の所はなかなか分かりません。

 

 

病院の内部情報を教えてくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

だからこそ看護師転職サイトのコンサルタントに相談することをおすすめします!

 

 

転職サイトであればコンサルタントが実際に働いている看護師から、
それぞれの病院の評判や口コミを聞いているため内部情報も聞けます。

 

 

仮に病院のホームページに「教育体制が充実しています!」と記載があっても、
「◯◯病院は忙しすぎて、新人看護師もほとんど放置されてしまう」など、
転職サイトからは通常は聞けないような話も聞くことが出来ます。

 

 

もし今の病院に対して不安がある人は、ぜひ転職サイトに相談してみましょう。

 

 

 

転職先の内部情報に詳しい看護師転職サイトは?

 

病院の内部情報に詳しい「看護のお仕事」

 

看護のお仕事の登録画面

 

 

転職先の内部情報にかなり詳しい

看護のお仕事では看護師の紹介実績も多いので、
病院ごとの内部情報にもかなり詳しいです。

 

実際に働いていた看護師からの口コミを聞いているので、
看護のお仕事では離職率の高い病院リストというものも存在するようです。

 

担当のコンサルタントに「ここの病院は教育体制が整っていなくて…」など、
事前に内部情報を聞いてから転職先を選ぶことが出来るので安心です。

 

 

新人看護師の転職に理解が高い

看護のお仕事では新人看護師の転職サポートの実績が多いため
「経験年数が少ないから求人を扱っていない…」ということはありません。
新人看護師が転職できる求人数も多く扱っている転職サイトです。

 

 

コンサルタントの対応が丁寧

看護のお仕事ではコンサルタントの7割が女性のため、
寄り添って話を聞いてもらえるので相談しやすいという人も多いです。

 

またお悩み相談の受付もしているので「まだ転職とまではいかないけど…」
という人も悩み相談の専任アドバイザーもいるので安心です。

 

 

看護のお仕事で病院情報について聞いてみる

 

 

 

関連ページ

看護師に向いてない
新人看護師の時は、自分は看護師に向いてないかも…と感じることがあるのではないでしょうか?私自信、新人看護師の時は「看護師に向いてない」とずっと思っていました。そんな悩みを抱える人のためにアドバイスをまとめてみました!
同期と比べられる
新人看護師の場合、一緒に4月に入った同期の子と比べられて「◯◯さんは出来るのに、なんで出来ないの?」と怒られてしまうことが、一番つらいのではないでしょうか?そんな悩みを抱える新人看護師のためのアドバイスをまとめてみました。
仕事に行くのがつらい
新人看護師の中には、毎日仕事に行くのがつらい…という悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか?わたしも新人看護師の頃は同じように悩んでいて、家に帰ったら辛くて毎日泣いていた日があります。ではこんな時はどうやって解決したらいいのでしょうか?
プレッシャーの乗り越え方
新人看護師の中には、人の命を預かるというプレッシャーに耐えられない…と悩む人も多くいます。初めの頃はみんな仕事のプレッシャーに耐えられないと感じるものですが、時間と経験が解決してくれるので、まずはしっかりと経験を積んでいきましょう!
インシデントへの不安
看護師の仕事ではどうしてもインシデントを起こしてしまうケースがあります。特に新人看護師の時であれば、慣れない中で看護業務に携わっているためインシデントを起こしてしまう可能性は非常に高いのです。
仕事が覚えられない
新人看護師が仕事を覚えるために気をつけておきたい5つのことをまとめてみました。どうしても新卒で入ったばかりの頃は、職場にも人間関係にも慣れない中で、新しい仕事もどんどん覚えなければいけなくて大変ですよね。そこで私自身が新人の時に気をつけていたポイントについてお伝えします!
看護師1年目の不安
今年の4月に入職したばかりの1年目の看護師であれば、日々悩むことも多いのではないでしょうか?人間関係、職場環境、仕事へのプレッシャーなど毎日悩みはつきません。そんな1年目の看護師のためにアドバイスをまとめてみました。
看護師2年目の不安
看護師として2年目になった時出てくる不安や悩みもあるのではないでしょうか?新人ナースが入ってきたことで後輩指導をしないといけない立場になったけど、まだまだ自分に自信がない…という人も多いかと思います。そんな2年目へのアドバイスをまとめてみました。
看護師3年目の不安
看護師3年目になってくると、プリセプターを任されたりリーダー業務や看護研究、委員会など業務量が増えて負担も大きくなってしまいます。そんな中で自分自身のキャリアプランで悩む人も多いのではないでしょうか?

転職についての悩み 体調不良の悩み 人間関係の悩み 不安について 職場環境の悩み 新人看護師の転職先