トップへ戻る

新人看護師が病棟から外来に転職を考えるのは危険?!

新人看護師が病棟から外来に転職を考えるのは危険?!

新人看護師が病棟から外来に転職を考えるのは危険?!

外来に転職する時の注意点

 

これまで忙しい病棟で働いていた…という看護師にとっては、
外来に異動したら楽なのかな?と感じている人も多いかと思います。

 

 

外来で働く看護師

 

 

確かに病院の外来であれば病棟の様に患者さんの急変対応はないため、
バタバタすることは少ないですが外来ならではの忙しさはあります。

 

 

そのため外来であれば楽になるのでは?と思って異動や転職をしたとしても
「思ってた働き方と違う…」と感じ早期退職になってしまうケースも少なくありません。

 

 

だからこそ、事前に外来で働くデメリットも把握しておきましょう。

 

 

 

外来へ転職するデメリット

 

想像よりも外来は忙しい!

病院の外来の業務は想像以上に忙しくて大変だと感じる看護師は多いです。
外来の主な仕事は、診察をスムーズに行うことが一番の役割となりますので、
診療の準備を行い、診療介助、患者さんの診察、または診察室の整理もあります。
そのため業務量が非常に多い上に、医師からはアレコレと求められることも多く、
テキパキと業務が出来る人でなければ外来の看護師は務まりません。
そのため新人看護師の間は慣れないことも多いため手間取ってしまって、
医師から厳しく注意されることも非常に多くなってくると思います。

 

 

患者さんからのクレームが多い

病院の外来は基本的には大勢の患者さんが待っていて、
中には待ち時間中にクレームを言ってくる患者さんも少なくありません。
例えば仕事の予定があるサラリーマンが早く診療を済ませて欲しい、
小さい子供のいるお母さんは子供が泣いているから早く診て欲しい、
高齢者の方からは「年寄りを待たせるな」など…要望は人それぞれです。
そこで、看護師が進行状況を説明したり特別対応が出来ない旨を伝えても
納得いかない人も多く、そういったクレーム対応が苦痛に感じる看護師も多いです。

 

 

病棟よりも給料が低い

外来勤務になれば、病棟で勤務をしていた時よりも給料が下がってしまいます。
夜勤がなくなるからという理由もありますが、単純に手当が減ることも多く、
また基本給に関しても病棟の方が高く設定されていることもあります。
ほとんどの病院の外来は、手取り額は月20万円前後というところがほとんでどです。
子育て中の看護師がどうしても土日祝休みが希望で外来へ行くことがあっても、
新人看護師のうちから外来へ行くことはあまりおすすめではありません。

 

 

外来への転職をおすすめしない看護師

 

 

もしあなたがどうしても今働いている職場を辞めたいと思っているのであれば、
病棟や外来以外であっても、新人看護師が活躍出来る職場は他にもあります。

 

 

そのためにも、まずは看護師転職サイトに相談することをおすすめします。

 

 

自分一人で悩んでいることも、転職サイトのコンサルタントに相談することで、
新しい働き方や解決策が見つかるかもしれません(^^)

 

 

「登録=必ず転職しないといけない」という訳ではありません。
まずは情報収集のためにも、転職サイトに登録をして相談してみましょう。

 

 

外来求人を看護師転職サイトで探してみる

 

 

関連ページ

病院から美容クリニックへ
新人看護師の中には、美容外科クリニックに興味を持っている人も多いのではないでしょうか?そんな新人看護師のために、美容外科の仕事内容をはじめ、メリット・デメリットについてまとめてみました。美容外科で働きたい新人看護師は必見です!
病棟からクリニックへ
新人看護師の中には病棟からクリニックに転職したいと考えている人も多いのではないでしょうか?クリニックなら日勤のみで働けるし楽そうだから…と考える人も少なくありません。ただ安易にクリニックに転職してしまうのは非常に危険?!です…。
急性期から回復リハへ
新人看護師の中には、急性期病院で疲れてしまい回復期リハで働きたい…と考える人も多いのではないでしょうか?回復期リハならゆっくりと患者さんに関われそうだからという理由で転職を希望する人も多いですが、安易に転職を考えるのは危険かもしれません…。
急性期から療養型へ
新人看護師の中には急性期で疲れてしまい療養型に転職を考える人も多いのではないでしょうか?療養型であれば、バタバタせずゆっくり患者さんと向き合えると思い転職を考える人もいますが、実際には介護業務が多く体力的にしんどいことも多々あります。
病棟から透析室へ
新人看護師が病棟で働くことに疲れてしまい透析室への転職を考える人も多いのではないでしょうか?ただ透析室の業務は未経験でも大丈夫なのか気になる人もいるかと思います。そんな透析室の仕事内容についてまとめてみました!
病棟からオペ室へ
新人看護師の中には急性期病院の病棟で働いていている人の中には、いつかオペ室で働いてみたい!という人もいるのではないでしょうか?実際に信じん看護師がオペ室に転職する時に、気をつけておきたい注意点をまとめてみました。ぜひオペ室で働きたい人は必見です。
病棟から介護施設へ
新人看護師の中には大学病院や規模の大きな急性期病院の病棟で働いていて、忙しい業務の残業や人間関係の悩みから介護施設への転職を考えている人多いかと思います。ただ、新人看護師が介護施設への転職の際に気をつけておかなければいけない注意点もあります!
病棟から訪問看護へ
新人看護師の中には急性期病院の病棟で働いていて、忙しい業務の残業や人間関係の悩みから訪問看護の転職を考えている新人看護師も多いかと思います。ただ、新人看護師が訪問看護への転職の際に気をつけておかなければいけないデメリットもあります!
病院から保健師へ
新人看護師の中には看護師として働いているけど、今後は保健師として働きたいと考える人も少なくないのではないでしょうか?夜勤もなく土日休みの多い保健師業務ですが、新人看護師が保健師の転職するには気をつけておきたい点がいくつかあります。

転職についての悩み 体調不良の悩み 人間関係の悩み 不安について 職場環境の悩み 新人看護師の転職先