トップへ戻る

新人看護師が病棟から保健師に転職を考えるのは危険?!

新人看護師が病棟から保健師に転職を考えるのは危険?

新人看護師が病棟から保健師に転職を考えるのは危険?!

保健師に転職する時の注意点

 

新人看護師との中には、保健師として働きたい人もいるのではないでしょうか?

 

 

看護師として働いていると、夜勤もあり不規則な勤務になるため、
どうしても体力的につらかったりプレッシャーも強く大変だと思います。

 

 

保健師としてはたらく女性

 

 

最近では4年制大学を卒業している看護師も増えており、
保健師の資格を持っている看護師も非常に多くなっています。

 

 

では実際に新人看護師が保健師に転職することは出来るのでしょうか?

 

 

 

保健師の仕事内容について

 

まず保健師の仕事内容について、詳細は把握していますか?
保健師の主な仕事としては、病気の予防や健康管理、健康増進を目指して
保健指導や相談業務、日常の生活支援などを行います。

 

 

具体的にやることは健康診断による疾病の早期発見や病気予備軍の発見、
適切な食事や生活指導を行うことで病気になるのを防ぎます。

 

 

 

 

働く場所としては、民間企業で働く企業保健師や学校の保健師、
介護施設、保健所などの行政機関で働く地域の保健師などがあります。

 

 

多くの人から健康相談を受けたり、地域住民の家を訪問することもあるため、
子どもから高齢者までさまざまな年齢層の人と接する機会が多いので、
人とコミュニケーションを取るのが好きという人は向いているかもしれません。

 

 

また健康相談にくる人の中には、不安を抱えている人も非常に多く、
しっかりと話しを聞いて寄り添ってあげることも大切になります。

 

 

健康指導をした人が改善される様子や、明るくなっていくのを見るのが
保健師のやりがいでもあるため、看護師と似ているところもあるかもしれません。

 

 

 

新人看護師が保健師に転職するデメリット

 

まず始めに、新人看護師が保健師として働けるかというと、
現実的に保健師への転職が叶っているケースはほとんど0です。

 

 

というのも保健師自体の求人の数が非常に少なく、
看護師の売り手市場のように転職先が多い訳ではありません。
そのため保健師求人の数に対して希望者の方が何倍も多くなっている状態です。

 

 

 

 

という現状もあり、実際に保健師として働ける看護師は、
以前保健師として働いた経験があるという人がほとんどです。

 

 

では新人看護師が保健師として働きたい場合、どうすれば良いでしょうか?

 

 

 

保健師として働くためには?

 

まずは一人で保健師求人を探すのはかなり難題となるため、
色々な手段を使って求人を探していなければなりません。

 

 

行政機関の保健師の場合は、人の紹介で求人が埋まってしまうことが多く、
あまり求人が公に出ることはないため、知り合いに保健師がいることが前提です。

 

 

ただ検診センターの保健師や企業保健師、地域包括の保健師であれば、
タイミングさえ良ければ求人が出ていることもあり、急募の場合であれば、
新人看護師で保健師経験が0でも受け入れをしてもらえる可能性があります。

 

 

そのためには看護師転職サイトに登録しておく必要があります。

 

 

保健師の求人を提案してくれる転職サイトのコンサルタント

 

 

残念ながら保健師専門の転職サイトはないので、
看護師転職サイトのコンサルタントに相談することになります。

 

 

ただ看護師転職サイトで扱っている企業や病院、施設の中には
看護師ではなく今は保健師の募集をしているというケースもあります。

 

 

保健師の求人が出たタイミングで教えてもらうためにも、
看護師転職サイトに登録しておくことが保健師への転職の近道です。

 

 

保健師求人を看護師転職サイトで探してみる

 

 

関連ページ

病院から美容クリニックへ
新人看護師の中には、美容外科クリニックに興味を持っている人も多いのではないでしょうか?そんな新人看護師のために、美容外科の仕事内容をはじめ、メリット・デメリットについてまとめてみました。美容外科で働きたい新人看護師は必見です!
病棟からクリニックへ
新人看護師の中には病棟からクリニックに転職したいと考えている人も多いのではないでしょうか?クリニックなら日勤のみで働けるし楽そうだから…と考える人も少なくありません。ただ安易にクリニックに転職してしまうのは非常に危険?!です…。
急性期から回復リハへ
新人看護師の中には、急性期病院で疲れてしまい回復期リハで働きたい…と考える人も多いのではないでしょうか?回復期リハならゆっくりと患者さんに関われそうだからという理由で転職を希望する人も多いですが、安易に転職を考えるのは危険かもしれません…。
病棟から外来へ
新人看護師の中には急性期病院の病棟で働いていて、忙しい業務の残業や人間関係の悩みから病院の外来への転職を考えている新人看護師も多いかと思います。ただ病院の外来へ転職の際に気をつけておかなければいけないデメリットもあるので要注意です!
急性期から療養型へ
新人看護師の中には急性期で疲れてしまい療養型に転職を考える人も多いのではないでしょうか?療養型であれば、バタバタせずゆっくり患者さんと向き合えると思い転職を考える人もいますが、実際には介護業務が多く体力的にしんどいことも多々あります。
病棟から透析室へ
新人看護師が病棟で働くことに疲れてしまい透析室への転職を考える人も多いのではないでしょうか?ただ透析室の業務は未経験でも大丈夫なのか気になる人もいるかと思います。そんな透析室の仕事内容についてまとめてみました!
病棟からオペ室へ
新人看護師の中には急性期病院の病棟で働いていている人の中には、いつかオペ室で働いてみたい!という人もいるのではないでしょうか?実際に信じん看護師がオペ室に転職する時に、気をつけておきたい注意点をまとめてみました。ぜひオペ室で働きたい人は必見です。
病棟から介護施設へ
新人看護師の中には大学病院や規模の大きな急性期病院の病棟で働いていて、忙しい業務の残業や人間関係の悩みから介護施設への転職を考えている人多いかと思います。ただ、新人看護師が介護施設への転職の際に気をつけておかなければいけない注意点もあります!
病棟から訪問看護へ
新人看護師の中には急性期病院の病棟で働いていて、忙しい業務の残業や人間関係の悩みから訪問看護の転職を考えている新人看護師も多いかと思います。ただ、新人看護師が訪問看護への転職の際に気をつけておかなければいけないデメリットもあります!

転職についての悩み 体調不良の悩み 人間関係の悩み 不安について 職場環境の悩み 新人看護師の転職先