トップへ戻る

新人看護師が急性期から回復期リハに転職するのは危険?!

新人看護師が急性期から回復期リハに転職するのは危険?!

新人看護師が急性期から回復期リハに転職するのは危険?!

新人看護師が回復期リハへ転職する時の注意点とは?

 

回リハ病棟では、在宅復帰に向けて患者さんのリハビリ支援をしています。

 

 

一般病棟では、なかなか患者さんが元気になっていく姿を見れないこともありますが、
回リハ病棟では患者さんが元気になって家に帰っていく様子を見れることが、
看護師としてのやりがいに繋がる…という声をよく聞きます。

 

 

回復期リハで働く看護師

 

 

そのため、これまで急性期病棟で働いていた看護師にとってみれば、
患者さんとゆっくり関わりながら回復する様子を見れるということで、
回リハ病棟に興味を持っている人も非常に多いのではないでしょうか?

 

 

ただ回リハ病棟には、他の病棟にはないしんどさもあります。
そのことを理解しておかないまま、異動・転職をするのは危険です。

 

 

また回リハ病棟で働くには、ある程度の臨床経験が必要になってくるため、
新人看護師が回リハを希望しても、なかなか受け入れてもらえないのも現実です。

 

 

 

新回復期リハに転職をするデメリット

 

医療行為に携わることが少ない

回リハ病棟では急性期に比べると、医療行為に携わる機会が少なくなります。
回リハでは治療を目的としているわけではなく機能回復のリハビリに注力をしており
カンファレンスや記録などに力を入れるため、どうしても事務仕事が多くなります。

 

また回リハ病棟の一番の特徴として、注射や点滴の医療行為も極端に少ないため、
新人看護師にとってみれば、看護の基礎を積むことが出来なくなってしまいます。

 

 

体力が必要な仕事

回リハ病棟での患者さんは、日常生活を送る上で自分の身体を十分に動かせない
ことがほとんになるため、看護師の仕事として食事介助や排泄の介助もあります。
また患者さんの身体を起こすのを手伝ったりと力を使うことがとても多いのです。
そのためヘルニアになってしまう看護師も多いのが特徴です。

 

 

夜勤の看護師の仕事が大変

回リハ病棟での看護師の仕事は、急性期病棟の夜勤よりも楽なのでは?と思う
看護師も少なくないかと思いますが、実際の夜勤はとても大変な仕事が多いです。
回リハでは自力でトイレにいけない患者さんが多いため、夜中にナースコールが
鳴り響くことが多く、看護師の負担も非常に大きくなってしまいます。

 

 

 

 

 

急性期で疲れてしまった人の中には、回リハ病棟に魅力を感じることも多いですが、
まずは看護師の仕事内容をしっかりと把握した上で、転職先として考えましょう。

 

 

ちなみに回リハ病棟では、最低2年の急性期経験がないと、
入院してくる患者さんの症例が分からないため経験年数は必須になります。

 

 

もし2年以内の経験だけど、今の職場を辞めたいと考えているのであれば、
回リハ病棟という選択肢だけではなく、
他にも視野を広げて色々な求人を見てみることをオススメします。

 

 

その時は看護師転職サイトのコンサルタントに相談してみましょう。

 

 

転職の相談に乗ってくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

「登録=転職サイトに登録しなければいけない」という訳ではありません。
多くの看護師が、まずは情報収集のために登録しています。
(⇒看護師転職サイトの登録の流れって?)

 

 

転職サイトのコンサルタントに相談することで、悩んでいたことががスッキリしたり、
自分のキャリアプランが見えたりするので、まずは相談してみることが大切です。

 

 

 

回復期リハ求人が多い看護師転職サイトは?

 

病院の求人数が豊富「看護のお仕事」

 

看護のお仕事の登録画面

 

 

回復期リハの求人数が多い

看護のお仕事では病院求人に強みを持っているため、
他の転職サイトに比べても希望する配属先の求人も多く扱っています。

 

回復期リハ専門病院をはじめ、総合病院の中の回復期リハ病棟など、
様々な求人を扱っているので回復期リハに興味がある人は相談してみましょう。

 

 

転職先の内部情報にかなり詳しい

看護のお仕事では看護師の紹介実績も多いので、
病院ごとの内部情報にもかなり詳しいです。

 

実際に働いていた看護師からの口コミを聞いているので、
看護のお仕事では離職率の高い病院リストというものも存在するようです。

 

担当のコンサルタントに「ここの病院は離職率が高くて…」など、
事前に内部情報を聞いてから転職先を選ぶことが出来るので安心です。

 

 

転職祝い金が最大12万円もらえる

看護のお仕事で転職をすると最大12万円のお祝い金がもらえるので、
せっかく同じ病院に転職するならお祝い金がもらえる方がうれしいですよね。

 

他の転職サイトでは入職半年後の振り込みも多いですが、
看護のお仕事では入職1ヶ月半経過後と振り込み時期も早いです。

 

 

看護のお仕事に相談してみる

 

 

 

関連ページ

病院から美容クリニックへ
新人看護師の中には、美容外科クリニックに興味を持っている人も多いのではないでしょうか?そんな新人看護師のために、美容外科の仕事内容をはじめ、メリット・デメリットについてまとめてみました。美容外科で働きたい新人看護師は必見です!
病棟からクリニックへ
新人看護師の中には病棟からクリニックに転職したいと考えている人も多いのではないでしょうか?クリニックなら日勤のみで働けるし楽そうだから…と考える人も少なくありません。ただ安易にクリニックに転職してしまうのは非常に危険?!です…。
病棟から外来へ
新人看護師の中には急性期病院の病棟で働いていて、忙しい業務の残業や人間関係の悩みから病院の外来への転職を考えている新人看護師も多いかと思います。ただ病院の外来へ転職の際に気をつけておかなければいけないデメリットもあるので要注意です!
急性期から療養型へ
新人看護師の中には急性期で疲れてしまい療養型に転職を考える人も多いのではないでしょうか?療養型であれば、バタバタせずゆっくり患者さんと向き合えると思い転職を考える人もいますが、実際には介護業務が多く体力的にしんどいことも多々あります。
病棟から透析室へ
新人看護師が病棟で働くことに疲れてしまい透析室への転職を考える人も多いのではないでしょうか?ただ透析室の業務は未経験でも大丈夫なのか気になる人もいるかと思います。そんな透析室の仕事内容についてまとめてみました!
病棟からオペ室へ
新人看護師の中には急性期病院の病棟で働いていている人の中には、いつかオペ室で働いてみたい!という人もいるのではないでしょうか?実際に信じん看護師がオペ室に転職する時に、気をつけておきたい注意点をまとめてみました。ぜひオペ室で働きたい人は必見です。
病棟から介護施設へ
新人看護師の中には大学病院や規模の大きな急性期病院の病棟で働いていて、忙しい業務の残業や人間関係の悩みから介護施設への転職を考えている人多いかと思います。ただ、新人看護師が介護施設への転職の際に気をつけておかなければいけない注意点もあります!
病棟から訪問看護へ
新人看護師の中には急性期病院の病棟で働いていて、忙しい業務の残業や人間関係の悩みから訪問看護の転職を考えている新人看護師も多いかと思います。ただ、新人看護師が訪問看護への転職の際に気をつけておかなければいけないデメリットもあります!
病院から保健師へ
新人看護師の中には看護師として働いているけど、今後は保健師として働きたいと考える人も少なくないのではないでしょうか?夜勤もなく土日休みの多い保健師業務ですが、新人看護師が保健師の転職するには気をつけておきたい点がいくつかあります。

転職についての悩み 体調不良の悩み 人間関係の悩み 不安について 職場環境の悩み 新人看護師の転職先