トップへ戻る

あなたは大丈夫?!面接で落ちてしまう新人看護師の特徴について

面接で落ちてしまう新人看護師の特徴について

あなたは大丈夫?!面接で落ちてしまう新人看護師の特徴について

面接で落ちてしまう人へのアドバイス

 

看護師は基本的には、どこの病院でも人手不足のため、
一般的な職業に比べて、転職がしやすい仕事だと言われています。

 

 

ただ看護師であれば誰でも採用されるのかと言えば、そうではありません。

 

 

面接でいつも不採用になってしまう新人看護師

 

 

転職をしたいけど「なぜか毎回面接に落ちてしまう…」と人も多いです。。

 

 

では、どれだけ病院の面接を受けても不採用になってしまう人は、
どのようなポイントに気をつけて面接をすれば良いのでしょうか?

 

 

しっかりと原因を突き止めて、対策をしていけば内定は必ずもらえるので、
ぜひ毎回面接に落ちてしまう…と悩んでいる人は、参考にしてみて下さい(^^)

 

 

 

面接で落ちる看護師はこんな人!

 

転職理由がネガティブ
志望動機があいまい
自己主張が強すぎる
声が小さくて元気がない
熱意が伝わらない

 

基本的に、新人看護師で面接に落ちてしまうのは、
ほぼ上記の理由は原因だと言われています。

 

 

経験のある看護師であれば職歴が荒れている…であったり、
子育て中のママさんナースであれば、シフトで融通が効かなさそうという理由が
予測出来ますが、新人看護師においてはそのような理由はあまり聞かれません。

 

 

そのため面接では、とにかく元気がないということは致命的です。
特に転職理由がネガティブな人は、前職の愚痴を面接の場で言ってしまったり、
なぜ転職したいのか理由があやふやで長く続けられるイメージを持たれていないケースも多いです。

 

 

 

採用されるために必要な3つのポイント

 

元気で明るくハキハキと話す

新人看護師の場合、経験のある看護師に比べて、経験でアピールが出来ないので
「前向きに頑張る」という姿勢が非常に重要になってきます。
まずは面接に入った時も、目を見てしっかりと挨拶が出来ることや、
何か質問をされた時も「はい、◯◯に関してですが」とハキハキ答えるなど、
相手が気持ち良いと思える受け答えをすると印象も良くなります。

 

話は簡潔にまとめる

面接でよく不採用になる理由「話がまとまっていない」という点です。
緊張してしまうと、頭の中にある伝えたいことがグチャグチャになってしまい、
自分自身でも何を話しているのか分からない人も多いのではないでしょうか?
そんな時は「まずは結論を話して理由を話す」という順序を頭に入れておきましょう。
それだけでも、緊張していても相手に伝わりやすい話し方が出来ます。

 

1から頑張りたい気持ちを伝える

新人看護師の場合、短期で退職になってしまた理由は色々とあると思いますが、
短期退職になってしまうことには悔いが残る気持ちには伝えた上で、
ただ転職するからには、1から頑張りたいという気持ちを伝えることが大切です。
新人看護師の場合は、意欲と熱意が最も大切なポイントになってきます。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?
これまでに面接に落ちてきてしまった人の中には、
自分がなぜ不採用になっていたのか理由は見つかりましたか?

 

 

病院の面接で不採用になってしまった場合も、
特に何がダメだったのか聞くことはなかなか難しいと思います。

 

 

面接のアドバイスをくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

そのためにも、転職活動をする際は看護師転職サイトへの相談がおすすめです。

 

 

転職サイトでは、転職コンサルタントから面接対策として、
事前に退職理由の相談が出来たり、面接の模擬練習をしてもらえます。

 

 

それだけでも内定率はグッと上がるケースも非常に多いので、
面接で内定を勝ち取るためにも、ぜひ転職サイトに相談してみましょう。

 

 

面接対策をしてもらえる看護師転職サイトを探してみる

 

 

関連ページ

面接の質問について
新人看護師の中には、初めての面接で「どんなことを聞かれるのかな?」と質問内容に不安がある人も多いのではないでしょうか?転職理由、志望動機など…事前に面接の前に準備をしておく必要があることをまとめてみました。
面接で気をつけること
新人看護師が転職のタイミングで面接の場で気をつけておきたい3つのことをまとめてみました。面接までに準備をしておくべきこと、また面接の場で聞かれる質問に対しての回答はどすればいい?などにお答えしていきます。
面接時の退職理由について
新人看護師の面接で必ず聞かれる退職理由ですが、どんな風に回答したらいいのか迷うの人も多いのではないでしょうか?人間関係、教育体制、残業など…面接時の退職理由の回答例についてまとめてみました。
書類選考で落ちてしまう
新人看護師の場合、書類選考で毎回落ちてしまう…と悩む人も多いのではないでしょうか?実際に履歴書にも書き方のマナーとルールがあります。そこをしっかりと理解した上で書類選考に望むことは非常に重要です。
自己PRの3つのポイント
第二新卒の看護師の場合、面接で何を話せばいいのか分からない…という人も多いのではないかと思います。ただ第二新卒だからこそ出来る自己PRの方法もあるのです。そこで新人看護師が面接で使えるじこPRの3つのポイントについてまとめてみました。
条件交渉はしてもいい?
新人看護師の場合、転職を考えた時に条件交渉をしたいけど、してもいいの…?と戸惑うこともあるのではないでしょうか?日勤のみで働きたい、給料交渉をしたいなど様々な要望があるかと思います。そんな新人看護師の条件交渉のコツについてまとめてみました。
内定後の返事の期間
看護師の面接を受けて内定が出た時に、どれくらいの期間で返事をしなければいけないのでしょうか?新人看護師の場合、初めての転職で分からないことも多いかと思います。そんな新人看護師のために、内定後の返事の期間についてまとめてみました。
退職手続きについて
新人看護師の場合転職をしようと思っても、初めての退職交渉や退職手続きが待っています。退職の意思はいつ上司に相談すればいいのか、退職願はどうしたらいいのか…など分からないことがたくさんだと思います。是非事前に確認しておきましょう。
退職交渉について
新人看護師が退職交渉をしようと思っても、上司に引き止められてズルズルと辞められないというケースは非常に多いです。そんな退職交渉を上手く進めるためのコツについてまとめてみました。退職交渉に悩む新人看護師は必見です。
雇用条件を確認しておく
新人看護師が転職を考えた時に必ずやっておきたいのが雇用条件確認書のチェックです。これをやっておかないと、入職してから聞いていた給料と違った、配属先が違った…というケースも少なくありません。そんな雇用条件確認書についてまとめてみました。

転職についての悩み 体調不良の悩み 人間関係の悩み 不安について 職場環境の悩み 新人看護師の転職先