トップへ戻る

新人看護師がつまづきやすい…退職交渉を上手く進めるコツについて!

退職交渉を上手く進めるコツについて

新人看護師がつまづきやすい…退職交渉を上手く進めるコツについて!

退職交渉で悩んでいる新人看護師へ

 

新人看護師の中には、今の病院を辞めたいと悩む人も多いのではないでしょうか?

 

看護師はストレスの多い職場なので、働く看護師の8割が辞めたいと思ったことがあります。

 

 

辞めたいと悩む新人看護師

 

 

ただ、どこの病院でも人手不足ということもあって、辞めたいと伝えても
なかなか辞めさせてもらえない…という人が、非常に多くいます。

 

そこで新人看護師でも上手く退職交渉を進めることが出来るよう、
アドバイスをまとめてみたので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

なかなか辞めさせてもらえない理由

 

看護師の世界では転職活動の中でも、退職交渉が一番エネルギーがいると言われています。

 

それくらい退職交渉に苦戦する看護師は多いのですが、なぜこれほど引き止めが強いのでしょうか?

 

 

引き止めに合う新人看護師

 

 

理由としては、病院は看護配置の基準を元に運営が成り立っているため、
あなた一人が退職することで、病院として7:1や10:1を満たせなくなり、
病院の経営が赤字になってしまうこともあるのです。

 

 

そのため経営に関わっている、看護部長や師長から激しく引き止められるのです。

 

 

だからといって、あなたが辞めたいのに辞めさせてもらえないというのはおかしい話です…。
病院としても何かあった時のための余剰人員を採用していなかったことが問題なので、
引き止められたからといって、あなたが無理やりその病院に残ることもありません。

 

 

 

退職交渉を上手く進めるコツ

 

看護師の退職交渉では、どこの病院でも色々な手段で「引き止め作戦」をしてきます。

 

 

例えば退職理由によっては、給料交渉や、部署異動も提案されることも多いですが、
実際に引き止めに応じて残ったとしても条件が変わってしまうケースも多々あります。
それくらい、病院側としても目先の看護配置ばかりを考えていることも多いため、
本当に働くスタッフのことを考えてくれる職場は、少ないのかもしれません。

 

 

そこでスムーズに退職交渉をするための一番のポイントは転職理由です。

 

 

退職理由が「それなら仕方ない」と思ってもらえれば、退職がスムーズに運びます。
逆に「この理由なら引き止められるんじゃないか?」と思われると、あの手この手で
引きとめてきますので、退職理由はかなり重要になってきます。

 

 

(納得されやすい退職理由の例)

 

家族の事情で働けなくなってしまった
今働く病院にない部署で働きたい
体調不良でドクターストップが出てる

 

 

実際に退職を考えている多くの社会人は看護師に限らず「家庭の事情」をよく使います。
正直、先方としても疑う気持ちは持ってしまうと思いますが、万が一本当だったらと思うと、
強く引き止めをすることもできなくなってしまうので、効き目はあります。

 

 

またキャリアアップという意味でも、今あなたが働く病院にはない部署への希望を伝えることで、
中には「キャリアアップに繋がるなら…」と応援してもらえる上司もいるかと思います。

 

 

また体調不良が理由で休職することもありますが、中には退職の話をする際に
上司から医師の診断書などを提出するように命じられるケースも少なくありません(!)
看護師の退職交渉は想像以上に大変なことが分かります。

 

 

退職交渉を相談出来る看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

また個人的に退職交渉する上で一番おすすめするのが転職サイトへ相談することです!

 

 

転職サイトに登録することで、キャリアコンサルタントが担当としてついてくれて、
退職交渉に関しても相談に乗ってもらえます。

 

 

転職サイトのコンサルタントは、これまでにも多くの看護師の相談を受けているので、
こんな看護部長の場合であれば、こういう風に退職交渉を進めたほうがいい、
など具体的なアドバイスをもらえるのて、退職交渉の強い味方になってくれます(^^)

 

 

退職交渉の相談が出来る看護師転職サイトを見てみる

 

 

関連ページ

面接の質問について
新人看護師の中には、初めての面接で「どんなことを聞かれるのかな?」と質問内容に不安がある人も多いのではないでしょうか?転職理由、志望動機など…事前に面接の前に準備をしておく必要があることをまとめてみました。
面接で気をつけること
新人看護師が転職のタイミングで面接の場で気をつけておきたい3つのことをまとめてみました。面接までに準備をしておくべきこと、また面接の場で聞かれる質問に対しての回答はどすればいい?などにお答えしていきます。
面接時の退職理由について
新人看護師の面接で必ず聞かれる退職理由ですが、どんな風に回答したらいいのか迷うの人も多いのではないでしょうか?人間関係、教育体制、残業など…面接時の退職理由の回答例についてまとめてみました。
面接で落ちてしまう人の特徴
新人看護師の中には面接に不安を感じる人も多いのではないでしょうか?新人看護師の場合、経験も少ないので即戦力として採用されることは難しいため、面接での受け答えは非常に重要視されます。そこで面接に落ちてしまう人の特徴をまとめてみました。
書類選考で落ちてしまう
新人看護師の場合、書類選考で毎回落ちてしまう…と悩む人も多いのではないでしょうか?実際に履歴書にも書き方のマナーとルールがあります。そこをしっかりと理解した上で書類選考に望むことは非常に重要です。
自己PRの3つのポイント
第二新卒の看護師の場合、面接で何を話せばいいのか分からない…という人も多いのではないかと思います。ただ第二新卒だからこそ出来る自己PRの方法もあるのです。そこで新人看護師が面接で使えるじこPRの3つのポイントについてまとめてみました。
条件交渉はしてもいい?
新人看護師の場合、転職を考えた時に条件交渉をしたいけど、してもいいの…?と戸惑うこともあるのではないでしょうか?日勤のみで働きたい、給料交渉をしたいなど様々な要望があるかと思います。そんな新人看護師の条件交渉のコツについてまとめてみました。
内定後の返事の期間
看護師の面接を受けて内定が出た時に、どれくらいの期間で返事をしなければいけないのでしょうか?新人看護師の場合、初めての転職で分からないことも多いかと思います。そんな新人看護師のために、内定後の返事の期間についてまとめてみました。
退職手続きについて
新人看護師の場合転職をしようと思っても、初めての退職交渉や退職手続きが待っています。退職の意思はいつ上司に相談すればいいのか、退職願はどうしたらいいのか…など分からないことがたくさんだと思います。是非事前に確認しておきましょう。
雇用条件を確認しておく
新人看護師が転職を考えた時に必ずやっておきたいのが雇用条件確認書のチェックです。これをやっておかないと、入職してから聞いていた給料と違った、配属先が違った…というケースも少なくありません。そんな雇用条件確認書についてまとめてみました。

転職についての悩み 体調不良の悩み 人間関係の悩み 不安について 職場環境の悩み 新人看護師の転職先