トップへ戻る

新人看護師が知っておきたい!面接における退職理由の回答例について

面接で聞かれる退職理由の回答例

新人看護師が知っておきたい!面接における退職理由の回答例について

面接時に聞かれる退職理由について

 

面接の時には、必ずと言っていいほど今の職場の退職理由を尋ねられます。

 

 

採用する側としても、前職での転職理由に関しては
新しい病院での短期退職のリスク対策のためにも気になるポイントです。

 

 

面接時に聞かれる退職理由のアドバイスをくれる転職サイトのコンサルタント

 

 

実際には「人間関係」や「業務内容のギャップ」等、
よく聞く転職理由の場合、どのように回答するのが一番ベストなのでしょうか?

 

それぞれの退職理由を元に回答例をあげてみましたので、
ぜひ転職の際の面接時に参考にしてもらえたら幸いです(^^)

 

 

 

退職理由を聞かれた時回答のポイント

 

面接の時に一番回答に困るのが、
前職の転職理由の質問かと思います。

 

 

働く職場によっても、退職したいと思った理由は様々だと思いますが、
よくあげられる退職理由について、気をつけておくべきポイントをまとめてみました。

 

 

残業が多かった

どこの病院でも、ある程度の残業は予想されます。
なので前職では何時くらいまで残業があったかを伝えた上で、
残業が多いことで体調に支障が出ていた…など、
まぜ退職まで考えたのかという理由を加えて話をしましょう。

 

また今後は、前職のような21時や22時を超えての残業でなければ
大丈夫である場合、その旨も合わせて伝えておきましょう。

 

 

人間関係のため

人間関係が転職理由の場合、そのまま伝えない方が懸命です。
ただ内容にもよりますので、例えばいじめが原因での退職の場合は、
どんな人がいて、どんな内容のいじめがあったかを伝えれば問題ありません。

 

ただ単に「人間関係で…」とだけ伝えると、ストレスに弱いのかな?
と感じ取られてしまうため、伝え方には注意しなければいけません。

 

 

教育体制が整っていなかった

新人看護師で入職した病院が教育体制が整っていなかったという場合、
どんな状態だったのかを伝える事が大切です。プリセプター制度もなかったのか、
日勤帯の人数が少なくプリセプターはいても稼働できていなかったのか、
それぞれの働いていた状況によっても捉えられ方は様々です。

 

単純に「教育体制がなっかった」と伝えてしまうと、環境に求めてしまって
主体性が無い人だと思われかねないので気をつけましょう。

 

 

環境を変えたかった

もし療養病棟から急性期病院へのキャリアアップの場合であれば、
前向きな転職と捉えられることが多いため、そのまま伝えても大丈夫かと思います。

 

逆に「急性期が合わなくて…」という場合は、急性期に合わなかった理由を
詳しく伝えないと、若いうちは急性期を経験した方が良いと思われてしまいます。
だからこそ、前職での救急件数や残業時間なども詳しく伝えるようにしましょう。

 

 

新人看護師が面接で不採用になる一番の理由が退職理由だと言われています。

 

 

退職理由が曖昧だと、次の職場でもまた辞めてしまうのでは?と不安に思われたり、
退職理由がネガティブであれば、主体性のない人に見えてしまいます。

 

 

そのためにも自分1人で面接の準備や対策をするのではなく
看護師転職サイトのコンサルタントに相談することがおすすめです。

 

 

面接時の退職理由を教えてくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

転職サイトでは求人を教えてもらえるのはもちろんですが、
面接準備をはじめ、履歴書の書き方、退職理由の相談なども出来るので、
1人で転職活動をするよりも、採用される病院もかなり増えるかと思います(^^)

 

 

ぜひ、新人看護師で面接が不安な人は転職サイトに相談してみて下さい。
想像以上に面接対策をしてくれるので、面接に自信がある人は少し面倒かもしれません(笑)

 

 

面接対策をしてもらえる看護師転職サイトを探してみる

 

 

関連ページ

面接の質問について
新人看護師の中には、初めての面接で「どんなことを聞かれるのかな?」と質問内容に不安がある人も多いのではないでしょうか?転職理由、志望動機など…事前に面接の前に準備をしておく必要があることをまとめてみました。
面接で気をつけること
新人看護師が転職のタイミングで面接の場で気をつけておきたい3つのことをまとめてみました。面接までに準備をしておくべきこと、また面接の場で聞かれる質問に対しての回答はどすればいい?などにお答えしていきます。
面接で落ちてしまう人の特徴
新人看護師の中には面接に不安を感じる人も多いのではないでしょうか?新人看護師の場合、経験も少ないので即戦力として採用されることは難しいため、面接での受け答えは非常に重要視されます。そこで面接に落ちてしまう人の特徴をまとめてみました。
書類選考で落ちてしまう
新人看護師の場合、書類選考で毎回落ちてしまう…と悩む人も多いのではないでしょうか?実際に履歴書にも書き方のマナーとルールがあります。そこをしっかりと理解した上で書類選考に望むことは非常に重要です。
自己PRの3つのポイント
第二新卒の看護師の場合、面接で何を話せばいいのか分からない…という人も多いのではないかと思います。ただ第二新卒だからこそ出来る自己PRの方法もあるのです。そこで新人看護師が面接で使えるじこPRの3つのポイントについてまとめてみました。
条件交渉はしてもいい?
新人看護師の場合、転職を考えた時に条件交渉をしたいけど、してもいいの…?と戸惑うこともあるのではないでしょうか?日勤のみで働きたい、給料交渉をしたいなど様々な要望があるかと思います。そんな新人看護師の条件交渉のコツについてまとめてみました。
内定後の返事の期間
看護師の面接を受けて内定が出た時に、どれくらいの期間で返事をしなければいけないのでしょうか?新人看護師の場合、初めての転職で分からないことも多いかと思います。そんな新人看護師のために、内定後の返事の期間についてまとめてみました。
退職手続きについて
新人看護師の場合転職をしようと思っても、初めての退職交渉や退職手続きが待っています。退職の意思はいつ上司に相談すればいいのか、退職願はどうしたらいいのか…など分からないことがたくさんだと思います。是非事前に確認しておきましょう。
退職交渉について
新人看護師が退職交渉をしようと思っても、上司に引き止められてズルズルと辞められないというケースは非常に多いです。そんな退職交渉を上手く進めるためのコツについてまとめてみました。退職交渉に悩む新人看護師は必見です。
雇用条件を確認しておく
新人看護師が転職を考えた時に必ずやっておきたいのが雇用条件確認書のチェックです。これをやっておかないと、入職してから聞いていた給料と違った、配属先が違った…というケースも少なくありません。そんな雇用条件確認書についてまとめてみました。

転職についての悩み 体調不良の悩み 人間関係の悩み 不安について 職場環境の悩み 新人看護師の転職先