トップへ戻る

苦手な患者さんとのコミュニケーションに悩む新人看護師へ

苦手な患者さんとのコミュニケーションに悩む新人看護師へ

苦手な患者さんとのコミュニケーションに悩む新人看護師へ

苦手な患者さんとのコミュニケーション

 

新人看護師の悩みとして多いのが、苦手な患者さんとのコミュニケーションです。

 

 

苦手な患者さんとのコミュニケーションに悩む新人看護師

 

 

なるべく平等に接したいと思っていても、どうしても苦手な患者さんがいて
「どんな風に接したらいいか分からない」と悩む人も多くいます。

 

 

無愛想な人
無口な人
横暴な態度
セクハラをしてくる

…などなど。

 

 

こんな患者さんであれば、どうしても敬遠したくなってしまいますよね。

 

 

プライベートであれば接点を持たないようにすれば済みますが、
患者さんの場合は仕事なので、そのようにはいかないので。
なるべく他の患者さんと同じような態度で接していかなければいけません。

 

 

では苦手な患者さんとのコミュニケーションをどのように取ればいいのでしょうか?

 

 

 

苦手な患者さんとの対応方法

 

もし、あなたが担当する患者さんの中に、どうしても苦手…という人がいる場合、
そもそも「苦手な人がいるのは当たり前」だと思うようにしましょう。

 

 

苦手な患者さんとのコミュニケーションへのアドバイスをくれる看護師

 

 

苦手だと思っている患者さんであっても、急に距離が縮まったり、
あることをキッカケに、その人への見方が変わることもあるかもしれません。
あとは「自分自身の行動」を振り返ってみることも大切です。

 

 

例えば、この人は苦手と思い込んで自分から壁を作っていると、
患者さんもあなたの壁を察して無愛想になってしまいます。

 

 

そして何よりも患者さんは自分の病気に不安やストレスを抱えているため
病気のささいな変化や不自由な入院生活に対して、気持ちが塞いででしまう日もあります。

 

 

もし無視されたのかな…と感じても「今は話したくないのかな?」と相手の気持ちを
先周りしてあげて、受け入れてあげることがとても大切です。

 

 

他人を変えることはなかなか難しいので、まずは相手を尊重してあげて、
こちらから相手を受け止めてみるなど自分自身が出来ることをやっていきましょう。

 

 

 

苦手意識を取り除くための5つのポイント

 

好き嫌いは一度頭からなくす

あの人は苦手だ、嫌いだ…と思ってしまうと、どんどん嫌な部分が見えてしまい、
苦手意識を加速させてしまうため一度苦手というフィルターを外してみましょう。
そうすることで、相手の意外な一面が見えて苦手意識が薄れることもあります。

 

 

ポジティブな一面を探す

苦手だと思う人でも一度フィルターを外してみると、良い部分も見えてきます。
苦手だと思っていた患者さんに感心を寄せて共感することで距離も近づくかもしれません。

 

 

言葉が難しい場合は表情で返す

患者さんの態度が悪かったり、無視されてしまった…と感じた場合であっても、
困った顔を返してしまっては、良い関係性は作れないので、
そんな時こそ笑顔でニッコリとした表情を返してあげましょう。
患者さんも安心して心を開いてくれるかもしれません(^^)

 

 

相手への思いやりを忘れない

嫌がる患者さんに服薬指導や副作用のチェックをしなければ…
という気持ちが強すぎると、患者さんからも敬遠されてしまうことが増えます。
あくまでも患者さんの為の「チェックや指導」なので、
相手のタイミングに合わせることも忘れてはいけません。

 

 

仕事と割り切ること

上記のことを試しても、どうしても苦手意識が拭えない時は仕事と割りきりましょう。
「仕事だから苦手な人にもしっかり対応しないと!」と割りきってしまうことで、
気持ちが楽になり、苦手な患者さんにイライラすることも少なくなります。

 

 

看護師も人間なので、苦手な患者さんがいるのは当たり前のことです。

 

 

だからこそ苦手だなと感じた時に、どんな風に自分自身が対応していくかによって、
看護師としてのコミュニケーション能力のスキルにも違いが生まれてくるのです。

 

 

苦手な患者さんいたらチャンスだと思い、壁を乗り越えていきましょう。

 

 

転職を考えている人にはこちらの記事もオススメです

 

 

関連ページ

新人看護師へのいじめ
看護師の世界は女性社会ということもあって、イジメ問題で悩む人も多いのではないでしょうか?実際に、私自身も新人看護師の時は先輩からのイジメが辛くで日々悩んでいました。そんな新人看護師のイジメの解決方法を3つにまとめてみました。
准看護師へのいじめ
新人ナースとして働く人の中には、准看護師の人もいるかと思います。看護師の世界の中では、正看護師も准看護師も仕事内容は同じなのに、差別をされてしまうケースも多々あります。そんな准看護師へのいじめについてまとめてみました。
看護師同士の派閥
新人看護師の中には女性の職場特有のドロドロした派閥問題に悩む人も多いのではないでしょうか?管理職同士、正看護師と准看護師、出身専門学校による派閥など様々な人間関係の問題があります。そんな職場で働く上でのアドバイスをまとめてみました。
プリセプターと合わない
新人看護師の中でも先輩プリセプターと合わないと悩む人も多いのではないでしょうか?実際にプリセプター制度は1対1の教育になるため、相性も重要になってきます。そこでプリセプターと合わない人へのアドバイスをまとめてみました。
先輩看護師の嫌がらせ
先輩看護師からの嫌がらせで悩む新人ナースは非常に多いと言われています。無視をされる、大きな声で悪口を言われる、休憩を取らせてもらえない…など新人ナースに対するひどい仕打ちがよくあげられます。そんな嫌がらせへの対処法をまとめてみました。
苦手な先輩との夜勤
新人ナースの中には、苦手な先輩看護師との2人夜勤がつらい…という人も多いのではないでしょうか?夜勤は日勤帯よりも少人数であるため合わない先輩との夜勤が辛いですよね。そんな夜勤の乗り越え方についてまとめてみました。
人間不信の恐怖
人間関係で悩む新人看護師は非常に多いと言われています。いじめや派閥が看護師の世界では当たり前のように存在します。そんな人間関係の問題に遭遇すると人間不信になってしまいますよね。そんな人間関係の問題についてまとめてみました。
医師とのコミュニケーション
新人看護師の中には医師とのコミュニケーションが苦手…と感じる人も多いのではないでしょうか?医師の中には気難しい人や機嫌によって態度がコロコロ変わる人が少なくありません。そんな医師とのコミュニケーションに悩む新人看護師へのアドバイスをまとめてみました。

転職についての悩み 体調不良の悩み 人間関係の悩み 不安について 職場環境の悩み 新人看護師の転職先