トップへ戻る

新人看護師が知っておきたい!泌尿器の仕事内容について

泌尿器で働く看護師の仕事内容について

新人看護師が知っておきたい!泌尿器の仕事内容について

泌尿器科の仕事ってどんなの?

 

泌尿器は他の科と比べても、女性看護師からは敬遠されがちな科ではありますが、
実際に泌尿器での仕事内容ってどんな感じか分からない人も多いのではないでしょうか?

 

 

泌尿器で働く看護師

 

 

まず、泌尿器で働くからといって特別に何かのスキルが必要という訳ではありません。
看護師としての通常のスキルと、基本的なコミュニケーション能力があれば大丈夫です。

 

 

ただ、泌尿器は特殊な理由としては、非常にデリケートな部分の診察が多く、
更には男性患者さんの数も多いため、看護師にとっても患者さんにとっても、
女性看護師よりは男性看護師の方が向いているのでは?という点はあるかと思います。

 

 

 

泌尿器での看護師の仕事内容

 

泌尿器で診察するのは、腎臓、膀胱に加えて男性性器がメインになってくるため、
膀胱炎をはじめ腎盂腎炎や性病や性器に関する病気の診察が多いです。

 

基本的に女性の患者さんが性器に関する診察は婦人科に行くことになるため、
泌尿器の患者さんは男性がほとんどの数を占めています。

 

だからこそ、泌尿器で働く看護師に求められるのは男性患者さんへの冷静な対応です。
例えば、注射や採血など他の科でもあるような看護ももちろん行いますが、
手術の前の陰毛の剃毛も看護師が行うことになるため慣れなければいけません。

 

 

泌尿器で働くメリット

 

クリニックが多いので夜勤がない

泌尿器は病院よりもクリニックで運営していることが多いため、夜勤がありません。
また土日祝日も休みになるケースが多いので、家庭と両立をしたいママさんナースなど、
ワークライフバランスを取りたい人には、意外と働きやすいと思えるかもしれません。
若い女性看護師はやはり抵抗があるかもしれませんが、経験を積んだベテラン看護師で
子育てや家庭と両立したいママさんナースにとっては、おすすめ出来る職場です。

 

 

人間関係が良い職場が多い

泌尿器ではどうしても女性看護師よりも男性看護師が多い職場になってきます。
だからこそ女性のドロドロした人間関係や派閥、いじめ等で悩まされることもなく
特に男性看護師が多い職場ではプライベートに潜入されることも少ないので、
仕事とプライベートを割りきって働きたいという人には居心地がいいかもしれません。

 

 

 

泌尿器で働くデメリット

 

女性看護師は仕事がしにくい時がある

泌尿器ではどうしても男性患者さんのデリケートな部分と関わることが多いため、
女性看護師が担当になると、患者さんとしても恥ずかしい…という人もいます。
だからこそ、担当を男性にして欲しいと言われるケースも多々あります。。
また逆にセクハラをしてくる男性患者さんも存在するので注意も必要です。
特に若い看護師であれば、どうしたらいいか分からなくてオドオドしてしまって、
患者さんのセクハラがエスカレートしてしまうこともあるので冷静でいることも大切です。

 

 

給料がそこまで高くない

泌尿器は先ほどあげた様に、クリニックが運営していることが多いため、
病棟のように夜勤や残業がないことから給料は高くありません。
総合病院などの泌尿器を探せば、給料がそこそこ出るかもしれませんが、
特に何かの手当がついたり…ということもないので期待は出来ないかと思います。

 

 

 

 

 

もしあなたが泌尿器で働いてみたいと考えているのであれば
看護師転職サイトに相談してみることをおすすめします。

 

 

泌尿器の職場を紹介してくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

転職サイトであれば、あなたに合った職場はどういったところなのかを
一緒に考えてもらえるので、新人看護師にとっては心強いですよね。

 

 

あなたにとって良い職場を見つけるためにも、
看護師転職サイトに相談してみましょう。

 

 

泌尿器の求人を看護師転職サイトで探してみる

 

 

関連ページ

検診センター
新人看護師の中には健診センターの仕事に興味がある人もいるのではないでしょうか?ただ新人看護師が転職するにはデメリットも多く存在します。仕事内容と注意点もふまえてしっかりと把握した上で健診センターを転職先として考えましょう!
救急外来
新人看護師の中には救急外来の仕事に興味がある人も多いのではないでしょうか?24時間救急に対応している救急外来ですが、仕事内容がよくわからない…という人もいるため、救急外来の仕事内容を始め、メリット・デメリットについてもまとめてみました!
ICU(集中治療室)
新人看護師の中でICUに興味があるという人も多いのではないでしょうか?ICUといえば忙しくて大変そう、残業が多いのでは?と不安になる方もいますが、その分やりがいも大きい仕事です。ICUの看護師の仕事内容をはじめ、メリット、デメリットをあげてみました!
整形外科
新人看護師の中には整形外科が気になる人も多いのでは無いでしょうか?整形外科ではコミュニケーションを取れる患者さんが多いので比較的病棟内も明るい雰囲気です。ただ介助業務などが多く腰を痛めてしまう人もいます。そんなメリット・デメリットについてもまとめてみました。
循環器
新人看護師の中には循環器に興味がある人も多いのではないでしょうか?実際に循環器といえば忙しそうというイメージを持つ人もいるかと思いますが、それだけやりがいも大きな仕事になります。そんな循環器の仕事内容とメリット・デメリットについてまとめてみました。
脳外科
新人看護師の中で脳外科に興味があるという人も多いのではないでしょうか?ただ脳外科=忙しそう、残業が多そう、大変そう…というイメージを抱く人が多いのも現状です。そんな脳外科の実際の仕事内容とメリット・デメリットについてまとめてみました!
小児科
新人看護師で小児科で働きたいというという人も多いのではないでしょうか?子供が好きだからという理由で小児科を希望する人は多いですが、実際に働いていみると家族とのコミュニケーションが大変…などイメージと違ったと感じる人も少なくありません。
産婦人科
新人看護師の転職先として産婦人科を希望する看護師は多いのではないでしょうか?赤ちゃんが好きだからという理由だけで産婦人科を希望する人もいますが、実際に働いていみることでギャップを感じる人も実は少なくありません。
消化器外科
新人看護師の中には消化器外科で働きたいという人も多いのではないでしょうか?消化器外科ではがん患者も多いため将来的に緩和ケアで働きたい人もいるのではないかと思います。そんな消化器外科の仕事内容についてまとめてみました。
精神科
新人看護師の中には精神的に興味がある人も多いのではないでしょうか?精神科であればゆっくり患者さんと関われそう、残業がなさそう…というイメージもあるかもしれません。ただ実際には、医療行為がほとんどない、給料が低いというデメリットもあります。
緩和ケア
新人看護師の中には緩和ケアに興味のある看護師も多いのではないでしょうか?急性期に比べれば比較的ゆっくりと働けるのではないか?というイメージもあるかと思います。そこで緩和ケアの仕事内容とメリット・デメリットについてまとめてみました。

転職についての悩み 体調不良の悩み 人間関係の悩み 不安について 職場環境の悩み 新人看護師の転職先