トップへ戻る

新人看護師が知っておきたい!循環器の仕事内容について

循環器で働く看護師の仕事内容について

新人看護師が知っておきたい!循環器の仕事内容について

新人看護師で循環器が気になってる人へ

 

循環器で働く看護師は忙しいけどやりがいがある!という人がとても多いです。

 

 

循環器では主に、心筋梗塞、狭心症、心不全などの心臓循環器疾患や、
血管の病気の治療を行います。高血圧や糖尿病などにも深く関わってくる科目です。

 

 

循環器で働く看護師

 

 

循環器で働く看護師は、急患や重症患者が出やすいため専門的な
技術や知識の他にも、迅速に対応できる臨機応変な対応能力が求められます。
循環器で働くことは看護師としてのスキルアップにも大きく繋がってきます。

 

 

 

循環器の仕事内容

循環器における看護師の仕事内容は、他の科目とそこまで大きな違いはありません。
外来への診療介助をはじめ、検査器具などの準備・後片付け、
入院患者の健康管理・経過観察などがメインになってきます。

 

循環器では主に血液の病気や心臓の病気に関わることから
特に中高年の男性が発症するケースが多く、中高年の男性患者の対応が増えます。

 

また重症患者の場合、CCUの業務を兼任することもあったりと、
幅広い業務に携わることから看護師としてかなりスキルアップ出来ます。

 

 

 

循環器の主な症例

 

心不全
心筋梗塞
狭心症
不整脈
心肺停止
動脈硬化

 

 

 

循環器のメリット

 

給料が高い

循環器では、夜勤や残業も多くなるため給料にもかなり反映されます。
一般の科目で働く看護師にくらべると、年収450万以上と比較的高いです。
新人看護師の給料は平均年収420万円程度なので、平均30万以上も高くなります。

 

 

看護師としてのスキルアップができる

循環器では他の科目では、なかなか学べない高い知識や技術を学べるため、
自己学習では困難な能力を身につけることが可能になります。
将来的には循環器専門ナースといった専門資格を目指すことも可能なので、
もしキャリアアップを望むのであれば、とても良い経験になると思います。

 

 

 

循環器のデメリット

 

体力勝負な面がある

循環器に入院する患者は、生命に関わることも多く緊急入院や緊急手術が多いです。
その為、日勤と夜勤の変動が激しかったり、残業も比較的多いので体力が必要です。
もしあなたが身体が弱い方だと自覚がある場合は、避けたほうが良いかもしれません。

 

 

緊張感と精神的ストレス

循環器の疾患を抱えている急患の患者さんは、一刻を争う場面も多く
看護師の判断によって、命が危険にさらされてしまうこともあります。
そのため看護師は常に緊張感を持ちながら、また何かあった時にも慌てることなく
冷静な対応が求められるため、慣れるまでは非常にストレスも大きな仕事です。

 

 

 

 

 

このように循環器の看護師は、強いプレッシャーと忙しさと引き換えに、
やりがいや、頑張れば頑張った分の給料がついてきます。

 

また循環器で働いていたという経験は転職の際にも強みになるため、
20代のうちに循環器で働くことは看護師としても強い武器となります。

 

 

もしあなたが循環器で働きたいという気持ちがあるのであれば
看護師転職サイトに相談してみることをおすすめします。

 

 

 

 

循環器をしっかりと学びたい人であれば、循環器専門病院がいいかもしれません。
また循環器も学びたいけど、ゆくゆくは他の科目も学びたい…という人であれば、
ある程度規模のある総合病院の方が向いているかもしれません。

 

 

このように、自分1人ではなかなか気づけないようなポイントも、
転職サイトのコンサルタントであればアドバイスをもらえます。

 

 

循環器でのキャリアアップを考えているのであれば、
あなたに合った職場を見つけるためにも、
ぜひ転職サイトのコンサルタントに相談してみて下さい(^^)

 

 

循環器の求人を看護師転職サイトで探してみる

 

 

関連ページ

検診センター
新人看護師の中には健診センターの仕事に興味がある人もいるのではないでしょうか?ただ新人看護師が転職するにはデメリットも多く存在します。仕事内容と注意点もふまえてしっかりと把握した上で健診センターを転職先として考えましょう!
救急外来
新人看護師の中には救急外来の仕事に興味がある人も多いのではないでしょうか?24時間救急に対応している救急外来ですが、仕事内容がよくわからない…という人もいるため、救急外来の仕事内容を始め、メリット・デメリットについてもまとめてみました!
ICU(集中治療室)
新人看護師の中でICUに興味があるという人も多いのではないでしょうか?ICUといえば忙しくて大変そう、残業が多いのでは?と不安になる方もいますが、その分やりがいも大きい仕事です。ICUの看護師の仕事内容をはじめ、メリット、デメリットをあげてみました!
整形外科
新人看護師の中には整形外科が気になる人も多いのでは無いでしょうか?整形外科ではコミュニケーションを取れる患者さんが多いので比較的病棟内も明るい雰囲気です。ただ介助業務などが多く腰を痛めてしまう人もいます。そんなメリット・デメリットについてもまとめてみました。
脳外科
新人看護師の中で脳外科に興味があるという人も多いのではないでしょうか?ただ脳外科=忙しそう、残業が多そう、大変そう…というイメージを抱く人が多いのも現状です。そんな脳外科の実際の仕事内容とメリット・デメリットについてまとめてみました!
小児科
新人看護師で小児科で働きたいというという人も多いのではないでしょうか?子供が好きだからという理由で小児科を希望する人は多いですが、実際に働いていみると家族とのコミュニケーションが大変…などイメージと違ったと感じる人も少なくありません。
産婦人科
新人看護師の転職先として産婦人科を希望する看護師は多いのではないでしょうか?赤ちゃんが好きだからという理由だけで産婦人科を希望する人もいますが、実際に働いていみることでギャップを感じる人も実は少なくありません。
消化器外科
新人看護師の中には消化器外科で働きたいという人も多いのではないでしょうか?消化器外科ではがん患者も多いため将来的に緩和ケアで働きたい人もいるのではないかと思います。そんな消化器外科の仕事内容についてまとめてみました。
精神科
新人看護師の中には精神的に興味がある人も多いのではないでしょうか?精神科であればゆっくり患者さんと関われそう、残業がなさそう…というイメージもあるかもしれません。ただ実際には、医療行為がほとんどない、給料が低いというデメリットもあります。
泌尿器
新人看護師の中には泌尿器の仕事のイメージがわかない…という人も多いのではないでしょうか?実際に女性看護師よりも男性看護師の方が多い泌尿器ですが、仕事内容をはじめ、メリット・デメリットについてもまとめてみました!
緩和ケア
新人看護師の中には緩和ケアに興味のある看護師も多いのではないでしょうか?急性期に比べれば比較的ゆっくりと働けるのではないか?というイメージもあるかと思います。そこで緩和ケアの仕事内容とメリット・デメリットについてまとめてみました。

転職についての悩み 体調不良の悩み 人間関係の悩み 不安について 職場環境の悩み 新人看護師の転職先