トップへ戻る

新人看護師が知っておきたい!緩和ケアの仕事内容について

緩和ケアで働く看護師の仕事内容について

新人看護師が知っておきたい!緩和ケアの仕事内容について

緩和ケアの仕事ってどんなの?

 

緩和ケア病棟では末期のがん患者さんに緩和治療やターミナルケアを行います。
そのため他の病棟よりも死に向き合うことが多くなります。

 

 

緩和ケアで働く看護師

 

 

緩和ケアで働く看護師は、他の診療科とまた違った悩みを抱えています。
そこで「緩和ケアでいつかは働いてみたい!」という人のためにも、
仕事内容をはじめメリット・デメリットをまとめてみました。

 

 

 

緩和ケアの仕事内容

 

緩和ケア病棟での看護師の主な仕事内容は、患者さんの全身状態の観察をはじめ、
薬による精神的苦痛の緩和や患者さんとのレクリエーション、入浴介助があります。

 

 

患者さんが抱える苦痛や不安を除去することは、私達の力だけでは困難ですが、
看護師として患者さんが抱えている痛みを少しでも緩和することは出来ます。

 

 

また緩和ケア病棟では看護師単独で業務を進めるわけではなく医師、カウンセラー、
薬剤師、ソーシャルワーカー、理学療法士などと一緒にチームで医療を行います。
他の病棟よりも、よりチームでの一体感を感じることが出来ます。

 

 

 

緩和ケアの主な症状

 

白血病、がん患者の身体的・精神的苦痛
痛み、倦怠感などのさまざまな症状
落ち込み、悲しみなどの精神的な苦痛
「死」への恐怖「自分の人生」への不安感

 

 

緩和ケアのメリット

 

患者さんに向き合った看護ができる

急性期で働く場合、看護というよりも日々の業務に追われてしまうことも多いため
もっと患者さん一人に対して寄り添った看護をしたいと思うこともありますよね。
その点、緩和ケア病棟では患者本人ももちろんですが、
患者さんの家族も含めしっかりと関わることができます。

 

 

専門性の高い業務に携わることができる

緩和ケア病棟では、終末期にあるがん患者さんの身体的、精神的苦痛を
和らげるためのケアの一つとなるため、特殊な専門知識や、スキルが身につきます。
また、そういった専門知識を学んでいくことで
認定看護師の資格を目指すことも可能です。
現在日本では、がん患者も増加しており今後も需要は高まっていきます。

 

 

残業が少ない

急性期病棟のように、急な入院などが無いため、
業務が予定通りに仕事が進むことが多く、比較的残業が少ないです。
また職場によっては、看護師のライフスタイルに合わせて働きやすいよう、
夜勤専門の看護師や、日勤常勤の勤務形態を作っている病院も増えてきています。

 

 

 

緩和ケアのデメリット

 

精神的なダメージが大きい

終末期のがん患者も多いため、他の職場よりも死に直面することが多くなります。
患者さん一人ひとりと深く関わって看護をしていく機会が多いため、
担当していた患者さんが亡くなった際に、看護師が受けるショックも大きいです。
また身体的・精神的苦痛で苦しんでいる患者さんの様子を見ることも、
看護師の精神的な苦痛となることもあります。

 

 

患者・家族の介入方法に悩むことがある

緩和ケアで看護師の経験を長く積むことで、患者さんの死に対する精神的ダメージは
自己解決できるようになってきますが、家族の不安感であったり、喪失感に対しては
上手く距離感をつかむことが出来なくて悩んでしまうことも多いです。

 

 

 

 

 

もしあなたが緩和ケアで働きたいということであれば、
看護師転職サイトに相談してみることをおすすめします!

 

 

緩和ケアの職場を紹介してくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

新人看護師の場合、経験年数も浅いため、
スグに緩和ケアに転職することは難しいかもしれません。
ただ、がん患者さんに関わることが出来る職場や
患者さんに寄り添った看護が出来る職場を紹介してもらえるかもしれません。

 

 

あなたに合った職場を見つけるためにも、
ぜひ看護師転職サイトに相談してみましょう。

 

 

緩和ケアの求人を看護師転職サイトで探してみる

 

 

関連ページ

検診センター
新人看護師の中には健診センターの仕事に興味がある人もいるのではないでしょうか?ただ新人看護師が転職するにはデメリットも多く存在します。仕事内容と注意点もふまえてしっかりと把握した上で健診センターを転職先として考えましょう!
救急外来
新人看護師の中には救急外来の仕事に興味がある人も多いのではないでしょうか?24時間救急に対応している救急外来ですが、仕事内容がよくわからない…という人もいるため、救急外来の仕事内容を始め、メリット・デメリットについてもまとめてみました!
ICU(集中治療室)
新人看護師の中でICUに興味があるという人も多いのではないでしょうか?ICUといえば忙しくて大変そう、残業が多いのでは?と不安になる方もいますが、その分やりがいも大きい仕事です。ICUの看護師の仕事内容をはじめ、メリット、デメリットをあげてみました!
整形外科
新人看護師の中には整形外科が気になる人も多いのでは無いでしょうか?整形外科ではコミュニケーションを取れる患者さんが多いので比較的病棟内も明るい雰囲気です。ただ介助業務などが多く腰を痛めてしまう人もいます。そんなメリット・デメリットについてもまとめてみました。
循環器
新人看護師の中には循環器に興味がある人も多いのではないでしょうか?実際に循環器といえば忙しそうというイメージを持つ人もいるかと思いますが、それだけやりがいも大きな仕事になります。そんな循環器の仕事内容とメリット・デメリットについてまとめてみました。
脳外科
新人看護師の中で脳外科に興味があるという人も多いのではないでしょうか?ただ脳外科=忙しそう、残業が多そう、大変そう…というイメージを抱く人が多いのも現状です。そんな脳外科の実際の仕事内容とメリット・デメリットについてまとめてみました!
小児科
新人看護師で小児科で働きたいというという人も多いのではないでしょうか?子供が好きだからという理由で小児科を希望する人は多いですが、実際に働いていみると家族とのコミュニケーションが大変…などイメージと違ったと感じる人も少なくありません。
産婦人科
新人看護師の転職先として産婦人科を希望する看護師は多いのではないでしょうか?赤ちゃんが好きだからという理由だけで産婦人科を希望する人もいますが、実際に働いていみることでギャップを感じる人も実は少なくありません。
消化器外科
新人看護師の中には消化器外科で働きたいという人も多いのではないでしょうか?消化器外科ではがん患者も多いため将来的に緩和ケアで働きたい人もいるのではないかと思います。そんな消化器外科の仕事内容についてまとめてみました。
精神科
新人看護師の中には精神的に興味がある人も多いのではないでしょうか?精神科であればゆっくり患者さんと関われそう、残業がなさそう…というイメージもあるかもしれません。ただ実際には、医療行為がほとんどない、給料が低いというデメリットもあります。
泌尿器
新人看護師の中には泌尿器の仕事のイメージがわかない…という人も多いのではないでしょうか?実際に女性看護師よりも男性看護師の方が多い泌尿器ですが、仕事内容をはじめ、メリット・デメリットについてもまとめてみました!

転職についての悩み 体調不良の悩み 人間関係の悩み 不安について 職場環境の悩み 新人看護師の転職先