トップへ戻る

新人看護師が知っておきたい!産婦人科で働く看護師の仕事内容について

産婦人科で働く看護師の仕事内容について

新人看護師が知っておきたい!産婦人科で働く看護師の仕事内容について

新人看護師で産婦人科が気になってる人へ

 

赤ちゃんが大好きで、産婦人科に勤めたいという看護師は多くいます。

 

新人看護師の中にも、希望配属で産婦人科で希望を出していたけど
通らなかった…という人もいるのではないでしょうか?

 

 

産婦人科の赤ちゃん

 

 

産婦人科は、イメージしている仕事内容と、実際に働いた時の
ギャップが大きいと言われており、合わないと感じてしまう看護師は
すぐに辞めてしまうケースも少なくありません。

 

 

新人看護師は特に「入ってみてイメージと違った…」とならないように、
産婦人科の仕事内容をはじめ、メリット・デメリットを把握しておきましょう。

 

 

 

産婦人科の仕事内容

 

まず初めに 産婦人科は産科と婦人科に分かれます。
産科では妊娠、出産、産後のことを扱い、婦人科では女性生殖器の腫瘍性疾患、
不妊や性感染症、生理不順、更年期障害などの内分泌疾患を扱います。

 

 

産科について

患者さんは妊娠した女性や、妊娠を希望する女性と生まれてくる新生児です。

 

看護師にとっては一般的には患者の最期を看取ることが多いのですが、
産科では唯一生命の誕生に立ち会える特別な場所です。

 

だからこそ一般病棟などで患者さんを看取るのが辛いという看護師や、
赤ちゃんが大好きな看護師にとっては産科の仕事はとてもやりがいを感じます。

 

主な仕事内容としては、妊娠期には検査介助や妊婦さんへの健康管理指導、
周産期分娩前の陣痛やバイタルチェック、分娩後は母体の回復程度の確認したり、
授乳の介助など、他にはない産科ならではの看護師業務が多くあります。

 

 

婦人科について

婦人科では女性生殖器の腫瘍性疾患(子宮筋腫や子宮頸癌など)をはじめ
不妊、生理不順、性感染症、更年期障害などの内分泌疾患などを扱っています。

 

仕事内容としては、医師の診察補助から患者さんのバイタルチェック、
点滴服薬の管理など他の診療科と、そこまで大きく変わりません。

 

婦人科ではデリケートな部分の疾患を扱うだけに、患者の些細な心理の変化にも
気づくことが出来ると、患者との信頼関係もより厚くなっていきます。

 

また婦人科では子宮がん、子宮筋腫、卵巣がんなど患っている
40〜50代の患者も多く、手術や抗がん剤をメインにした化学療法も行います。

 

 

 

産婦人科の主な症状

 

STD(性感染症)
性器クラミジア感染症
HIV感染症/エイズ
膣トリコモナス症
性器ヘルペス
細菌性膣症(細菌性膣炎)
性器カンジダ症
子宮内膜症
不妊症
子宮がん
子宮筋腫

 

 

 

産婦人科のメリット

 

生命の誕生に立ち会える

やはり産婦人科で働く上で一番の喜びは、生命の誕生に立ち会える事です。
他の診療科であれば、病気や怪我など身体にとっての負担であることに
変わりはないのですが、その点産婦人科は特殊な科ともいえます。

 

 

助産師を目指せる

産婦人科で働く看護師の中には、助産師を目指す方もいると思います。
ずっと産婦人科で働きたいという人にとってみれば、助産師を取得することで、
他の科に異動することもないので、より深く患者さんに関われるようになります。

 

 

患者さんに寄り添った看護が出来る

産婦人科の患者さんは出産・妊娠はもちろんですが女性特有の病気を抱えていて
看護師としても、とてもデリケートな診療が必要になるケースも多くあります。
そのため家族や友人にも相談出来ない患者さんも中にはいることから、
精神的なケアも必要となりますので、患者さんに寄り添った看護が求められます。

 

 

 

産婦人科のデメリット

 

流産・死産などのリアリティショック

産婦人科では幸せな出産ばかりではなく流産や死産を初め生まれた子供に障害が
ある場合など、全ての妊婦さんが元気な赤ちゃんを出産する訳ではありません。
そのようなショックな場面に立ち会う時も、患者さんが一番つらい思いをしているので
私達看護師としては気を強くもち、患者さんを支えてあげなければなりません。

 

 

看護師の仕事が雑用の場合もある

産婦人科では看護師だけではなく、助産師と一緒に仕事をしていくことになります。
その中でお互いに尊重し合い人間関係も良好な職場であれば良いのですが
中には助産師資格を持たない看護師は雑用係にされることもあるようです。

 

 

 

 

 

もしあなたが、どうしても産婦人科で働きたいと思っているのであれば
看護師転職サイトに相談してみることをおすすめします。

 

 

産婦人科の職場を紹介してくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

産婦人科への転職は注意しなければいけない点も多々あります。
また病院やクリニックによっても、お産の数や看護師の人数も違います。

 

 

実際に入ってから「イメージと違った…」とならないためにも、
転職サイトのコンサルタントに事前に内部情報を聞いておきましょう。

 

 

産婦人科の求人を看護師転職サイトで探してみる

 

 

関連ページ

検診センター
新人看護師の中には健診センターの仕事に興味がある人もいるのではないでしょうか?ただ新人看護師が転職するにはデメリットも多く存在します。仕事内容と注意点もふまえてしっかりと把握した上で健診センターを転職先として考えましょう!
救急外来
新人看護師の中には救急外来の仕事に興味がある人も多いのではないでしょうか?24時間救急に対応している救急外来ですが、仕事内容がよくわからない…という人もいるため、救急外来の仕事内容を始め、メリット・デメリットについてもまとめてみました!
ICU(集中治療室)
新人看護師の中でICUに興味があるという人も多いのではないでしょうか?ICUといえば忙しくて大変そう、残業が多いのでは?と不安になる方もいますが、その分やりがいも大きい仕事です。ICUの看護師の仕事内容をはじめ、メリット、デメリットをあげてみました!
整形外科
新人看護師の中には整形外科が気になる人も多いのでは無いでしょうか?整形外科ではコミュニケーションを取れる患者さんが多いので比較的病棟内も明るい雰囲気です。ただ介助業務などが多く腰を痛めてしまう人もいます。そんなメリット・デメリットについてもまとめてみました。
循環器
新人看護師の中には循環器に興味がある人も多いのではないでしょうか?実際に循環器といえば忙しそうというイメージを持つ人もいるかと思いますが、それだけやりがいも大きな仕事になります。そんな循環器の仕事内容とメリット・デメリットについてまとめてみました。
脳外科
新人看護師の中で脳外科に興味があるという人も多いのではないでしょうか?ただ脳外科=忙しそう、残業が多そう、大変そう…というイメージを抱く人が多いのも現状です。そんな脳外科の実際の仕事内容とメリット・デメリットについてまとめてみました!
小児科
新人看護師で小児科で働きたいというという人も多いのではないでしょうか?子供が好きだからという理由で小児科を希望する人は多いですが、実際に働いていみると家族とのコミュニケーションが大変…などイメージと違ったと感じる人も少なくありません。
消化器外科
新人看護師の中には消化器外科で働きたいという人も多いのではないでしょうか?消化器外科ではがん患者も多いため将来的に緩和ケアで働きたい人もいるのではないかと思います。そんな消化器外科の仕事内容についてまとめてみました。
精神科
新人看護師の中には精神的に興味がある人も多いのではないでしょうか?精神科であればゆっくり患者さんと関われそう、残業がなさそう…というイメージもあるかもしれません。ただ実際には、医療行為がほとんどない、給料が低いというデメリットもあります。
泌尿器
新人看護師の中には泌尿器の仕事のイメージがわかない…という人も多いのではないでしょうか?実際に女性看護師よりも男性看護師の方が多い泌尿器ですが、仕事内容をはじめ、メリット・デメリットについてもまとめてみました!
緩和ケア
新人看護師の中には緩和ケアに興味のある看護師も多いのではないでしょうか?急性期に比べれば比較的ゆっくりと働けるのではないか?というイメージもあるかと思います。そこで緩和ケアの仕事内容とメリット・デメリットについてまとめてみました。

転職についての悩み 体調不良の悩み 人間関係の悩み 不安について 職場環境の悩み 新人看護師の転職先