トップへ戻る

新人看護師が知っておきたい!消化器外科の仕事内容について

消化器外科で働く看護師の仕事内容について

新人看護師が知っておきたい!消化器外科の仕事内容について

新人看護師で消化器外科が気になっている人へ

 

消化器で働いてみたいという看護師は非常に多く人気のある科です。

 

ただ、中には「消化器=忙しそう」というイメージを持っている人もいるかもしれません。
実際に消化器外科で働く看護師の仕事内容はどんな感じでしょうか?

 

 

消化器で働く看護師

 

 

消化器外科では他の科に比べて、がん患者の割合も多いため、
消化器外科出働く看護師特有の悩みも多く存在します。

 

しっかりと仕事内容やメリット、デメリットを把握した上で選択しましょう。

 

 

 

消化器外科の仕事内容について

消化器外科では主に胃、食道、大腸、小腸、肛門、肝臓などを診療・治療します。

 

外科と付いてますが同じ外科でも、脳外科では脳を、心臓外科では心臓や大動脈のみを
診療していますが、消化器外科では非常に幅広い領域を診療することになります。
そのため、看護師としても色んな分野に携わるため幅広いスキルが身につきます。

 

消化器外科の看護師の仕事内容としては一般的な看護業務のほかに、
医師の指示に従って手術や検査の準備をしたり、経過の観察などがあります。
また消化器外科では、がん患者が多いため、抗がん剤による化学療法の治療を受け
副作用で苦しむ患者の、経過観察やケアも看護師の大切な役割の一つになります。

 

 

 

消化器外科のメリット

 

幅広いスキルが身につく

消化器外科では、病状の早期発見のためにCTやレントゲン、内視鏡などの検査が
非常に頻繁に行われるため、検査をする際に患者さんに対して分かりやすく
検査内容の説明をするための、コミュニケーション能力が必要となってきます。
また緊急の患者さんも多いため、迅速な対応や判断力も求められるため、
どれだけ忙しい環境でも優先順位をつけることが上手くなります。
そのため消化器外科で働いたことのある看護師は、転職の際にとても重宝されます。

 

 

がん看護を学べる

消化器外科ではがん患者が多く、必然的にがん患者と関わることが多くなります。
もし将来的に緩和ケアで働きたいと考えているのであれば、最初から緩和ケアに
配属されることはなかなか難しいため、初めに消化器外科で経験を積むことで、
学べることがたくさんあります。また、がん看護の認定看護師や専門看護師も
目指すことができるため、看護師としてのスキルアップにも繋がります。

 

 

 

消化器外科のデメリット

 

高給料は望めない

新人の頃に消化器外科で勤めるのであれば、初めの給料は高くはありません。
将来的に、認定看護師や専門看護師を目指せる環境ではあるので、
ゆくゆくは昇給のチャンスはありますが、元々給料が高い科目ではないため、
最初の頃は勉強と思ったほうがいいかもしれません。

 

残業時間が多い

消化器外科では症例数も非常に多く、入院している患者さんが多いため、
急変が発生したり、また看護師がやることが多いため、なかなか仕事が終わらず
消化器外科のヴょ打とうだけ慢性的に残業が多い…という職場も少なくありません。
若いうちはいいかもしれませんが、結婚・出産をしたら、ワークライフバランスが
取りづらくなってくる可能性があります。

 

 

 

 

 

もし、どうしても消化器外科で働きたいという人は
看護師転職サイトに相談してみることをおすすめします。

 

 

 

 

転職サイトであれば、消化器外科のある病院をまずはピックアップしてくれます。

 

 

そこから、あなたが「どんな職場に転職したいのか?」という部分を聞いてもらえるので、
例えば年間休日が120日の職場であったり、なるべく残業がない方がいい…
など希望を伝えることで、あなたに合った職場を一緒に探してもらえます(^^)

 

 

「実際に入ってみて違った…」とならないためにも、
転職サイトのコンサルタントに病院の内部情報など聞きながら、
あなたに合った職場を探してください。

 

 

 

消化器外科の求人が多い看護師転職サイトは?

 

消化器外科の求人が豊富「看護のお仕事」

 

看護のお仕事の登録画面

 

 

消化器外科の求人数が多い

看護のお仕事では、病院求人に強みを持っているため、
消化器外科配属の求人を紹介してもらえる確率も高くなります。

 

消化器外科では、がん患者の数も多いため、
ゆくゆくは緩和ケアで働きたい人にもオススメです。

 

 

転職先の内部情報にかなり詳しい

看護のお仕事では看護師の紹介実績も多いので、
病院ごとの内部情報にもかなり詳しいです。

 

実際に働いていた看護師からの口コミを聞いているので、
看護のお仕事では離職率の高い病院リストというものも存在するようです。

 

担当のコンサルタントに「ここの病院は離職率が高くて…」など、
事前に内部情報を聞いてから転職先を選ぶことが出来るので安心です。

 

 

転職祝い金が最大12万円もらえる

看護のお仕事で転職をすると最大12万円のお祝い金がもらえるので、
せっかく同じ病院に転職するならお祝い金がもらえる方がうれしいですよね。

 

他の転職サイトでは入職半年後の振り込みも多いですが、
看護のお仕事では入職1ヶ月半経過後と振り込み時期も早いです。

 

 

看護のお仕事で消化器外科の求人を確認する

 

 

 

関連ページ

検診センター
新人看護師の中には健診センターの仕事に興味がある人もいるのではないでしょうか?ただ新人看護師が転職するにはデメリットも多く存在します。仕事内容と注意点もふまえてしっかりと把握した上で健診センターを転職先として考えましょう!
救急外来
新人看護師の中には救急外来の仕事に興味がある人も多いのではないでしょうか?24時間救急に対応している救急外来ですが、仕事内容がよくわからない…という人もいるため、救急外来の仕事内容を始め、メリット・デメリットについてもまとめてみました!
ICU(集中治療室)
新人看護師の中でICUに興味があるという人も多いのではないでしょうか?ICUといえば忙しくて大変そう、残業が多いのでは?と不安になる方もいますが、その分やりがいも大きい仕事です。ICUの看護師の仕事内容をはじめ、メリット、デメリットをあげてみました!
整形外科
新人看護師の中には整形外科が気になる人も多いのでは無いでしょうか?整形外科ではコミュニケーションを取れる患者さんが多いので比較的病棟内も明るい雰囲気です。ただ介助業務などが多く腰を痛めてしまう人もいます。そんなメリット・デメリットについてもまとめてみました。
循環器
新人看護師の中には循環器に興味がある人も多いのではないでしょうか?実際に循環器といえば忙しそうというイメージを持つ人もいるかと思いますが、それだけやりがいも大きな仕事になります。そんな循環器の仕事内容とメリット・デメリットについてまとめてみました。
脳外科
新人看護師の中で脳外科に興味があるという人も多いのではないでしょうか?ただ脳外科=忙しそう、残業が多そう、大変そう…というイメージを抱く人が多いのも現状です。そんな脳外科の実際の仕事内容とメリット・デメリットについてまとめてみました!
小児科
新人看護師で小児科で働きたいというという人も多いのではないでしょうか?子供が好きだからという理由で小児科を希望する人は多いですが、実際に働いていみると家族とのコミュニケーションが大変…などイメージと違ったと感じる人も少なくありません。
産婦人科
新人看護師の転職先として産婦人科を希望する看護師は多いのではないでしょうか?赤ちゃんが好きだからという理由だけで産婦人科を希望する人もいますが、実際に働いていみることでギャップを感じる人も実は少なくありません。
精神科
新人看護師の中には精神的に興味がある人も多いのではないでしょうか?精神科であればゆっくり患者さんと関われそう、残業がなさそう…というイメージもあるかもしれません。ただ実際には、医療行為がほとんどない、給料が低いというデメリットもあります。
泌尿器
新人看護師の中には泌尿器の仕事のイメージがわかない…という人も多いのではないでしょうか?実際に女性看護師よりも男性看護師の方が多い泌尿器ですが、仕事内容をはじめ、メリット・デメリットについてもまとめてみました!
緩和ケア
新人看護師の中には緩和ケアに興味のある看護師も多いのではないでしょうか?急性期に比べれば比較的ゆっくりと働けるのではないか?というイメージもあるかと思います。そこで緩和ケアの仕事内容とメリット・デメリットについてまとめてみました。

転職についての悩み 体調不良の悩み 人間関係の悩み 不安について 職場環境の悩み 新人看護師の転職先