トップへ戻る

夜勤の仮眠が取れない病院で働く新人看護師の悩みについて

夜勤の仮眠が取れない病院で働く新人看護師の悩み

夜勤の仮眠が取れない病院で働く新人看護師の悩みについて

夜勤の仮眠が取れない…と悩む人へ

 

看護師の中には、夜勤の仕事がしんどくて悩む人が多くいます。

 

理由としては、夜勤の拘束時間が16〜17時間という時間にも関わらず
「仮眠が一切取れない」という職場環境で働く人も多いためです。

 

 

夜勤が取れない職場で働く新人看護師

 

 

そんな環境で働いていると、どうしても体調を崩してしまいますし
「もう夜勤はしたくない」と感じてしまう人も多いのではないでしょうか?

 

そんな仮眠が取れない職場で働く看護師の悩みについてまとめてみました。

 

 

 

仮眠が取れない職場の特徴について

 

看護師人数が少ない
夜間の救急件数が多い
仮眠ベッドがそもそも無い
精神論を求められる

 

仮眠が取れない職場として、一番多いのが看護師人数が少ないという点です。
ある程度規模のある病院であれば夜勤体制として4〜5名くらいの看護師がいますが
小規模病院や個人病院であれば、どうしても看護師が1〜2名になってしまいます。

 

 

そのため1人が緊急入院が入って対応をしていると、
もう1人が何かあった時のためにナースコール対応をしなくてはいけません。
そんな中、通常業務である巡回やおむつ交換なども必要になり、
仮眠どころではなくなってしまいます。

 

 

また昔の病院の作りでまだまだ建物も古い病院では、
仮眠ベッドがないような病院があるのも現実です(!)

 

 

ナースステーションの机で軽く仮眠を取ろうと目を瞑ってみるくらいでは、
16〜17時間の拘束時間を乗り越えるには足りないのは当然です。

 

 

精神論で「気合があれば乗り越えられるだとう」を上から言われるケースもありますが、
そんなに上手くはいかないのが、人間の身体ですよね(+_+)

 

 

だからこそ、体調を崩してしまう前に一度働く環境を見なおしてみましょう。

 

 

 

働く職場環境を変えてみることも大切!

 

もしあなたが今働いている職場で夜勤の仮眠が取れない場合、
働く職場を見なおしてみるだけでも、かなり楽になるかもしれません。

 

 

もちろん日勤のみの仕事に転職してしまうのも一つの手段ですが、
夜勤がある環境でも、仮眠が2時間しっかり取れる職場は必ずあります。

 

 

夜勤の仮眠が取れる職場を紹介してくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

もし夜勤体制が充実している職場や、日勤のみの職場を探したい人は
看護師転職サイトのコンサルタントに相談してみることをおすすめします!

 

 

転職サイトのコンサルタントであれば、病院の内部事情についても詳しく
「◯◯病院の◯◯病棟では夜勤が忙しすぎて仮眠が1時間も取れないみたい…」
など口コミや評判を把握しているため、事前に情報収集をすることが可能です。

 

 

失敗しない転職をするためにも、ぜひ転職サイトを活用していきましょう(^^)

 

 

夜勤の仮眠が取れる病院を探してみる

 

 

関連ページ

サービス残業
新人看護師として入った病院の中には残業は全てサービス残業という病院も多いのではないでしょうか?実際に月40時間以上の残業をしている場合、月10万円以上の損をしている計算になってきます。損をしないためにも残業代の出る職場選びをしていきましょう!
夜勤への不安
新人看護師も日勤になれてくると夜勤に入り始めるのが病院にも寄りますが、ちょうど4ヶ月目くらいです。夜勤の看護師の人数体制は2〜3名のところが多く不安を抱える新人看護師も多いのです。周りの先輩看護師はどのように乗り切ったのでしょうか。
医療ミスへの不安
新人看護師の時は医療ミスへの不安が非常に大きいと思います。慣れない仕事に緊張して注射の時に手が震えてしまったり何度確認しても不安だったりと、日々のプレッシャーがとても強いのではないでしょうか?そんな悩みに対するアドバイスをまとめてみました!
採血・点滴を上達させるコツ
新人看護師は初めは誰でも注射の時に手が震えてしまったり、点滴が上手くいかなかったりするものです。そこで明日からでも使える、採血と点滴を上達させるために気をつけておきたい5つのポイントについてまとめてみました。新人看護師は必見です!
申し送りが苦手
新人看護師の中には、申し送りが苦手な人も多いかと思います。自分の順番になると「緊張して頭が真っ白になってしまう!」という人や「先輩看護師ばかりの申し送りが苦手…」という人もいる中で、どうすれば申し送りがスムーズに出来るようになるのでしょうか?
離職率の高い職場
新人看護師として入った職場の離職率が高すぎてビックリした!という人も多いのではないでしょうか?人間関係や過酷な勤務環境など原因は様々あるかと思いますが離職率の高い職場では1人の看護師の業務負担も増えてしまいます。そんな離職率が高い職場で働く看護師の悩みをまとめてみました。
看護師の人手不足
新人看護師の中には、病棟の人手不足で休みがなかなか取れない環境で疲弊してしまっている人も多いのではないでしょうか?実際に人手不足の職場では、1人の看護師の業務量も大きくなってしまい更に離職に繋がって悪循環です。
極悪な職場環境
新人看護師として入った職場環境が悪すぎて人がどんどん辞めていく病院も多いのではないでしょうか?そのような職場で働いていると自分自身もしんどくなってしまい辞めてしまいたくなります。そのような職場で働く新人看護師へのアドバイスをまとめてみました。
独身ばかりが残業
新人看護師が働く職場の中には独身ばかりが残業をさせられるような職場もあるのではないでしょうか?ママさんナースは残業が優遇されるので、そのしわ寄せが独身ナースに偏ってしまいがちです。そんな独身ナースの悩みについてまとめてみました。
プライベートとの両立
新人看護師として入った職場が忙しすぎて、毎日21時まで残業、休みの日も休日出勤、夜勤も多くて身体がヘトヘト…という人も多いのではないでしょうか?新人看護師はプライベートの時間は取れないもの?そんな新人看護師の疑問にお答えします!
大学病院を辞めたい
新人看護師の中には大学病院を辞めたい!という人も非常に多くいます。勉強会で休みが取れない、人間関係の派閥が複雑など様々な理由から体調を崩してしまったり鬱病を発症してしまう看護師も多くいます。そんな大学病院働く看護師の悩みをまとめてみました。
福利厚生が悪い
新人看護師として入った病院が、他の病院に比べて福利厚生が悪い…と感じることもあるかもしれません。そんな時に、どんな病院であれば福利厚生が良いのか気になるかと思います。国公立病院?大規模病院?など福利厚生が良い職場の特徴をまとめてみました。
新人看護師の平均給料
新人看護師の中には給料が高い職場に転職をしたい…と考える人も多いのではないでしょうか?専門学校の友人と会って給料の話をした時に、自分の病院の給料の低さに驚く人もいるかもしれません。そこで給料が高い職場の特徴をまとめてみました。
3交代がつらい
新人看護師の中でも3交代の勤務シフトで働く看護師は体力的にも非常にハードだと言われています。2交代に比べてみても、夜勤回数が多く休みが少なく感じてしまうため、3交代の職場から転職を考えている人も少なくありません。
不当な部署異動
新人看護師の中には、病院の都合で不当な部署異動をさせられてしまった…という人も多いのではないでしょうか?急遽人手が足りなくなったからオペ室へ、ICUへなど希望していない部署に異動させられるケースは少なくありません。
病院の経営が赤字
新人看護師の中には入った病院の経営が赤字で不安に感じる人も多いのではないでしょうか?賞与があほとんど出ない、給料がカットされていく…など、不安定な経営状態の病院だと長く続けるのは不安ですよね。そんな赤字経営の病院で働く看護師の悩みをまとめてみました。

転職についての悩み 体調不良の悩み 人間関係の悩み 不安について 職場環境の悩み 新人看護師の転職先