トップへ戻る

不眠症で眠れない・・・と悩む新人看護師へのアドバイス!

不眠症で悩む新人看護師へのアドバイスについて

不眠症で眠れない・・・と悩む新人看護師へのアドバイス!

看護師が不眠症になってしまったらどうしたらいい?

 

看護師の仕事は、日勤と夜勤の交代制ということもあって、
どうしても不規則な生活リズムになってしまいます。

 

 

不眠症で悩む看護師

 

 

また人間関係のストレスや仕事へのプレッシャー、
日々の残業や休日出勤で心身ともにストレスを抱えていて
「寝ていても眠りが浅いせいか疲れが取れない…」と睡眠に
不安を抱えている人も少なくないのではないでしょうか?

 

 

 

看護師は不眠症になりやすい

 

寝ようと思ってもなかなか眠れない
眠りが浅いせいか疲れが取れない
仕事のことを考えると眠れない
夜中に何度も目が覚めてしまう
眠りが浅くて熟睡感がない

 

 

看護師は不眠症で悩む人は非常に多いと言われています。
原因としては、ストレスを抱える要因が非常に多いためです。

 

 

自分自身では「少し寝れていない日が続いているだけだから大丈夫」と感じていても、
実は不眠症だった…というケースもあり放っておくことで精神的疾患に繋がることもあります。

 

 

眠れない日々が続くと、これまでになかった不安も出てきてしまい、
悪循環になって合併症として、その他の精神的疾患も引き起こしてしまいます。

 

 

だからこそ「最近、寝つきが悪いな…」と感じている人がいれば、
まずは専門医に相談してみることをおすすめします。

 

 

 

不眠症で悩む看護師のための3つの対処法

 

もしあなたが不眠症で悩んでいるのであれば、
どのように対処していけば良いのでしょうか?

 

不眠症の対処法を考えている看護師

 

睡眠環境を整える

不眠症であなたが悩んでいるのであれば、
睡眠環境を整えることが重要だと言われています。

 

例えば、枕一つとってみても高さはベストなのかということや、
湿度や温度も最適かということも気にしてみましょう。
エアコンの設定温度も夏であれば26度、冬であれば17度がベストです。

 

また意外と不眠症の原因と言われているのが、
寝る前のスマホの使用です。
ブルーライトの刺激は睡眠に良い影響を与えないため、
電気を消してからスマホをチェックしたりするのは止めましょう。

 

 

カフェインを取り過ぎない

不眠症の治療するとなれば、カフェインの摂取は6ヶ月以上禁止されます。
自立神経失調症の人であれば1年以上辞めるようにも言われます。

 

カフェインが入っている飲み物はどのようなものがあるかというと、
コーヒー、緑茶、ココアなどがあげられます。
常にカフェインを取っていた人でも、少しカフェインをやめるだけでも、
身体が楽になるので、ちょっと寝付きが悪いなと感じる人は、
日々摂取しているカフェインやめてみることをオススメします。

 

 

不規則な生活リズムを改善する

 

不眠症対策のために一番効くのか生活リズムの改善です。
看護師の仕事の場合、夜勤があったり残業で遅くなったりと、
どうしても不規則な生活になりがちですよね。

 

身体が健康な時は、不規則な勤務でも生活は可能ですが、
不眠症になってしまったら生活リズムを整えることに集中しましょう。

 

ここで無理をして夜勤に入り続けたり、
残業が遅い職場で居続けることは危険です。
生活リズムを改善するためにも、異動や転職も考えましょう。

 

 

 

不眠症の1番の解決方法は職場環境を変えること

 

Kさんの事例にもあったように、慢性的な残業のある職場環境であったり、
人手不足のため夜勤に7〜8回くらい入らされるような職場の場合、
不眠症を引き起こしてしまう原因になりかねません。

 

 

そんな環境で無理をしてしまい取り返しがつかなくなってしまう前に、
今働いている職場環境を変えることは非常に重要です。

 

 

ただ、自分1人で転職先を探すのは非常に危険です!

 

 

ハローワークや病院のホームページには、実際の残業時間はもちろん、
休日出勤についての情報は載っているわけがないので、確認する手段がありません。

 

 

そこで看護師転職サイトのコンサルタントが心強い味方になってくれます。

 

 

病院の内部情報を事前に教えてくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

「不眠症になってしまった」という悩みを相談した上で、
残業が少ない職場や日勤のみで働ける職場など、
不眠症の原因を取り除いた職場を探してもらうことが重要です。

 

 

転職サイトのコンサルタントであれば、病院の勤務条件だけではなく、
実際に働く看護師の評判や口コミを把握しているため、
「○○病院では看護師が少ないので残業が多い」という情報も教えてもらえるため、
病院に入ってから「聞いてた話と全然ちがう!」ということもなくなります。

 

 

ミスマッチをなくして、長く勤められる職場を探すためにも、
看護師転職サイトに相談をしてみましょう。

 

 

 

転職先の内部情報に詳しい看護師転職サイトは?

 

日勤のみの求人も豊富「看護のお仕事」

 

看護のお仕事の登録画面

 

 

日勤のみで働ける求人を紹介してもらえる

不眠症で悩んでいる人は、生活リズムを整えることが最優先です。
看護のお仕事では、日勤のみで働ける求人も多く扱っているため、
身体への負担が少ない職場に転職することが出来ます。

 

 

転職先の内部情報にかなり詳しい

看護のお仕事では看護師の紹介実績も多いので、
病院ごとの内部情報にもかなり詳しいです。
実際に働いていた看護師からの口コミを聞いているので、
看護のお仕事では離職率の高い病院リストというものも存在するようです。

 

担当のコンサルタントに「ここの病院は新人イジメがあって…」など、
事前に内部情報を聞いてから転職先を選ぶことが出来るので安心です。

 

 

コンサルタントの対応が丁寧

看護のお仕事ではコンサルタントの7割が女性のため、
寄り添って話を聞いてもらえるので相談しやすいという人も多いです。

 

またお悩み相談の受付もしているので「まだ転職とまではいかないけど…」
という人も悩み相談の専任アドバイザーもいるので安心です。

 

 

看護のお仕事に相談してみる

 

 

 

関連ページ

適応障害
適応障害と診断されてしまった新人看護師の悩みについてです。適応障害になってしまうと、憂鬱な気分や不安感が強くなり、涙もろくなったり過剰に心配したりしてしまいます。適応障害で悩む新人看護師が復職するためのステップを考えてみましょう。
パニック障害
パニック障害の看護師は鬱病についで多いと言われています。突然、激しい動悸や息苦しさ、全身の震え、めまいなどの症状が体を襲います。パニック障害で悩んでいる新人看護師はどうすれば乗り越えられるのか?についてアドバイスをまとめてみました。
うつ病
新人看護師の中にはうつ病で悩んでいる人も少なくありません。看護師の仕事は、精神的にも体力的にもストレスを感じやすいためうつ病になってしまい休職をせざるおえなくなってしまう人もいます。では実際にうつ病になってしまうと看護師としての復帰は難しいのでしょうか?
自律神経失調症
新人看護師の中には自律神経失調症で悩む人も多いのではないでしょうか?めまいや動機が激しい、手足のしびれや痛みがある、慢性的な頭痛に悩まされている…などの症状がある場合は要注意です。そんな自律神経失調症で悩む看護師へのアドバイスをまとめてみました。
膀胱炎
看護師の仕事は職業病と呼ばれるものが多々ありますが、膀胱炎もその一つです。忙しい環境の中で、トイレを我慢してしまったり、ストレスや疲労がたまってしまい膀胱炎を発症してしまうケースもあります。そんな膀胱炎の予防法についてまとめてみました。
朝起きれない
「朝起きれない…」と悩む看護師は非常に多くいます。朝が起きれないために遅刻してしまったり、勤務開始時間ギリギリに出勤してしまって…先輩にも怒られてしまいますよね。そんな朝に弱い看護師へのアドバイスをまとめてみました。
腰痛がつらい
看護師の職業病とも言われている腰痛ですが、多くの看護師が腰痛の悩みを抱えています。原因は患者さんの介助をする時に腰に負担がかかっていたり、また不規則な生活でゆっくり休めていないことも原因と言われています。そんな腰痛の解決方法をお伝えします。
胃がいたい
新人看護師の中には胃が痛くなるほどストレスを感じている人も多いのではないでしょうか?人間関係、過酷な勤務環境、仕事のプレッシャーなど様々な要因が考えられます。そんな新人看護師の胃痛の解消法についてまとめてみました。

転職についての悩み 体調不良の悩み 人間関係の悩み 不安について 職場環境の悩み 新人看護師の転職先