トップへ戻る

パニック障害になったらどうしたらいい?新人看護師の切実な悩み

パニック障害に悩む新人看護師へ

パニック障害になったらどうしたらいい?新人看護師の切実な悩み

パニック障害の乗り越え方について

 

看護師は、日々患者さんの命と向き合っているため、
常に緊張感がありなかなか気が休まる時はありません。

 

 

そんなプレッシャーを感じている環境の中で、看護師や医師、患者さんとの
人間関係のストレスであったり、看護師ならではの不規則な勤務が原因で
パニック障害を発症してしまう人が非常に多いと言われています。

 

 

 

パニック障害になってしまった新人看護師

 

 

 

パニック障害になると、突然激しい動機がして胸が締め付けられて
息が出来なくなってしまい「このまま死んでしまうのではないか…?」
という強い不安に襲われてしまいます。

 

 

思いがけない事態が起きてしまった時に、
一時的なパニック状態になってしまうことは誰でありますが、
特に何もない状態の時にパニック状態に陥るのがパニック障害です。

 

 

 

パニック障害の症状について

 

一度パニック障害の症状が出てしまうと、あまりのパニック状態に
時には救急車を読んでしまうこともありますが、大抵10分程度で収まります。

 

 

一昔前までは不安神経症や心臓神経症と一緒にされていましたが、
現在はパニック障害として区別された病気として扱われています。

 

 

パニック障害は不安障害の一つと分類をされていますが、
パニック障害の代表的な症状は、パニック発作の他に下記2つの症状があります。

 

 

予期不安

一度パニック発作が起こってしまったことのある人が、
またパニック発作が起きてしまうのでは?と強い不安を感じて、
心配が膨らんでしまい今度こそ死んでしまうのではないか…
と予測することで不安になってしまう症状です。

 

また、自分は重い病気なのではないか?であったり、
発作が起きても誰も助けてもらえなかったらどうしよう、
恥をかいてしまったらどうしよう、誰かに迷惑をかけたらどうしよう、
など様々なことに対して不安を感じてしまうのが予期不安です。

 

 

広場恐怖

一度、パニック発作が起きてしまった場所が人にいる場所であれば
「大人数の場所に行って発作が起きてしまったらどうしよう…」や
「もし逃げ場のない場所で発作が起きてしまったら…」と考えてしまい、
人の多く集まる場所や電車やバス、エスカレーターなどを避けてしまいます。

 

そのため1人では電車やバスに乗ることが出来なくなってしまい、
恐怖を感じる場所に近づくだけでも動悸やめまいがしてしまいます。

 

 

 

看護師がパニック障害になりやすい理由

 

命を預かるプレッシャー

看護師は日々、患者さんの命と向き合っています。
毎日救急の患者さんが運ばれてくる中で、最善の手を尽くしたとしても
避けられない患者さんの死を目の当たりにして、助けることが出来ないことで
やりきれない気持ちになってしまうことが多々あります。

 

そのため自分自身の一つひとつの行動に対して、
責任を重く感じてしまい発作が起きてしまうこともあります。

 

 

不規則な勤務の疲労感

看護師の仕事は、ただでさえ非常にハードな仕事内容です。
日勤と夜勤による不規則な勤務や日々の過酷な残業によって、
疲労が溜まってしまいなかなかリフレッシュ出来ないことが多いです。

 

疲労はパニック障害を誘発してしまう原因でもあります。
だからこそ過酷な環境で働く看護師ほどパニック障害になりやすく、
一部ではパニック障害は看護師特有の職業病とも言われています。

 

 

 

パニック障害を乗り越えるために

 

パニック障害の治療は薬物療法と認知行動療法と日常生活の改善があります。

 

 

まずは薬でパニックを抑えて、不安や恐怖感を抑えこむために認知行動療法を行い、
食事や睡眠などの生活全般を整えていくために日常生活を変えていくことになります。

 

 

薬物療法

パニック発作が起きてしまった時に、まずは薬でパニックを抑えます。
その中で効果や副作用を見ながら服薬量などを調整していきながら、
安定投与を継続していき、その間に予期不安や広場恐怖を治します。

 

症状が収まってきたら、薬の量を減らしていき最終的には、
薬を飲まなくても良い状態に持っていくことを目指します。

 

 

認知行動療法

少し動悸がしただけで「このままだと死んでしまうのではないか」
と不安になったり物事を全て悪い方向に考えてしまって、
本来は恐怖や不安に感じる必要のないことに過敏に反応してしまう、
「心の誤った反応」に対して、治療をしていくのが認知行動療法です。

 

自分の生活状況や考え方、行動などが、パニック発作にどのように
関係しているのかを理解して、電車に乗れないという行動や、
人ゴミを歩けないという行動をコントロールしていきます。

 

 

日常生活の改善

パニック障害を発症してしまう原因として、食事や睡眠の乱れが考えられます。
例えば、睡眠不足や疲労、二日酔いや風邪など、パニック障害を引き起こす
原因と言われているため、生活習慣の改善は非常に重要になってきます。

 

そのためにもジャンクフードやコンビニ弁当、糖分の多い食べ物を控えたり、
夜寝る時間を毎日一緒の時間にして寝不足にしないようにすることも大切です。

 

またパニック障害の改善に有効なのが、軽く汗をかく程の有酸素運動です。
後はアルコールやニコチン、カフェインなど身体に良くないので控えることで、
生活習慣の改善にも繋がってくると思います。

 

 

 

生活改善のためにも転職も視野に入れる

 

私自身よくパニック障害になってしまった看護師の相談に乗っていますが、
職場環境を見直すことで生活改善をしてパニック障害を克服している人も多くいます。

 

 

職場環境の見直しをするにあたって、転職も一つの手段です。

 

 

職場環境の良い病院

 

 

パニック障害の改善のためには、まずは規則正しい生活が必要不可欠です。

 

 

例えば、睡眠時間を毎日一緒の時間にしようと思っても、
看護師の仕事をしている限りなかなか難しいように感じますよね…。
しかし、看護師の仕事でも、職場によっては規則正しい生活は可能です。

 

 

日勤のみの仕事
休暇が取りやすい環境
残業の少ない環境

 

 

パニック障害の原因は、心身ともに感じているストレスが原因になってきます。
だからこそ、リフレッシュ出来るような職場環境を転職先として選びましょう。

 

 

そのため通常の休日はもちろんですが、有給休暇がしっかりと取得できる職場や、
残業がほとんどなく家に帰ってからも気持ちの余裕が持てることが大切です。

 

 

 

看護師転職サイトに相談してみましょう

 

ただ「上記3つの条件を満たす職場なんてあるの…?」
と不安な気持ちになってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

 

もちろん「日勤のみで休みが取りやすくて残業の少ない職場」となると、
求人の選択肢は通常の求人よりも、かなり減ってしまうことは事実です。
そのような求人はハローワークや求人広告にもほとんど載っていないです。

 

 

もしあなたがそのような求人を探そうと思った場合、
看護師転職サイトに相談することをおすすめします。

 

 

パニック障害から復帰するための転職相談にのってくれるコンサルタント

 

 

転職サイトであれば、あなたの希望に合わせて求人をピックアップしてもらえます。
また面接の時に、どんな風に病気のことを話せばいいかもアドバイスもしてくれるので、
安心して転職のサポートを受けられるのではないかと思います。

 

 

パニック障害を乗り越えて、看護師として復職している先輩はたくさんいます。
あなたにとって、ストレスなく仕事に復帰出来る職場が見つかれば幸いです(^^)

 

 

 

日勤のみの求人も扱っている看護師転職サイトは?

 

日勤のみの求人も豊富「看護のお仕事」

 

看護のお仕事の登録画面

 

 

日勤のみの求人も多数扱っている

パニック障害から復帰をする時には、日勤のみで働ける職場が第一優先です。
看護のお仕事では日勤のみで働ける職場をコンサルタントに探してもらえるので、
実際に転職してからも身体への負担も少なくなります。

 

 

転職先の内部情報にかなり詳しい

看護のお仕事では看護師の紹介実績も多いので、
病院ごとの内部情報にもかなり詳しいです。

 

実際に働いていた看護師からの口コミを聞いているので、
看護のお仕事では離職率の高い病院リストというものも存在するようです。

 

担当のコンサルタントに「ここの病院は新人イジメがあって…」など、
事前に内部情報を聞いてから転職先を選ぶことが出来るので安心です。

 

 

コンサルタントの対応が丁寧

看護のお仕事ではコンサルタントの7割が女性のため、
寄り添って話を聞いてもらえるので相談しやすいという人も多いです。

 

またお悩み相談の受付もしているので「まだ転職とまではいかないけど…」
という人も悩み相談の専任アドバイザーもいるので安心です。

 

 

看護のお仕事に相談してみる

 

 

 

関連ページ

適応障害
適応障害と診断されてしまった新人看護師の悩みについてです。適応障害になってしまうと、憂鬱な気分や不安感が強くなり、涙もろくなったり過剰に心配したりしてしまいます。適応障害で悩む新人看護師が復職するためのステップを考えてみましょう。
うつ病
新人看護師の中にはうつ病で悩んでいる人も少なくありません。看護師の仕事は、精神的にも体力的にもストレスを感じやすいためうつ病になってしまい休職をせざるおえなくなってしまう人もいます。では実際にうつ病になってしまうと看護師としての復帰は難しいのでしょうか?
不眠症
新人看護師の中には不眠症でなかなか眠れないと悩む人も多いのではないでしょうか?夜勤が始まってから眠れなくなってしまったり、不規則な睡眠リズムで体調を崩してしまう人も少なくありません。そんな不眠症で悩む看護師へのアドバイスをまとめてみました。
自律神経失調症
新人看護師の中には自律神経失調症で悩む人も多いのではないでしょうか?めまいや動機が激しい、手足のしびれや痛みがある、慢性的な頭痛に悩まされている…などの症状がある場合は要注意です。そんな自律神経失調症で悩む看護師へのアドバイスをまとめてみました。
膀胱炎
看護師の仕事は職業病と呼ばれるものが多々ありますが、膀胱炎もその一つです。忙しい環境の中で、トイレを我慢してしまったり、ストレスや疲労がたまってしまい膀胱炎を発症してしまうケースもあります。そんな膀胱炎の予防法についてまとめてみました。
朝起きれない
「朝起きれない…」と悩む看護師は非常に多くいます。朝が起きれないために遅刻してしまったり、勤務開始時間ギリギリに出勤してしまって…先輩にも怒られてしまいますよね。そんな朝に弱い看護師へのアドバイスをまとめてみました。
腰痛がつらい
看護師の職業病とも言われている腰痛ですが、多くの看護師が腰痛の悩みを抱えています。原因は患者さんの介助をする時に腰に負担がかかっていたり、また不規則な生活でゆっくり休めていないことも原因と言われています。そんな腰痛の解決方法をお伝えします。
胃がいたい
新人看護師の中には胃が痛くなるほどストレスを感じている人も多いのではないでしょうか?人間関係、過酷な勤務環境、仕事のプレッシャーなど様々な要因が考えられます。そんな新人看護師の胃痛の解消法についてまとめてみました。

転職についての悩み 体調不良の悩み 人間関係の悩み 不安について 職場環境の悩み 新人看護師の転職先