トップへ戻る

適応障害になってしまっても復職できる?新人看護師が抱える悩み

適応障害になっても復職できるか悩む新人看護師へ

適応障害になってしまっても復職できる?新人看護師が抱える悩み

適応障害になってしまって悩んでいる人へ

 

新人看護師の中には、適応障害で悩む人も多いのではないでしょうか?

 

 

適応障害で悩む看護師

 

 

適応障害とは、ある特定の状況に対して耐え難く感じてしまい、
精神的症状や身体的症状として現れる心の病気と言われています。

 

 

適応障害の症状として、一つのことを考えてしまうと頭から離れなくなってしまったり、
仕事へ行く途中にめまいや動機がしてしまうなどの症状が出てしまうケースがあげられます。

 

 

新人看護師が適応障害を発症してしまう原因として考えられるのが、
職場の人間関係や仕事へのプレッシャー、日勤と夜勤の不規則な勤務など
色々と考えられますが、一番は自分にとってストレスに感じることが原因です。

 

 

仕事への過度なプレッシャー
苦手な先輩看護師
毎日遅くまでの残業
不規則な勤務の生活リズム

 

 

また上記の理由以外にも、看護師は真面目で責任感が強い人が多いため
思うように仕事が進まない場合、全て自分のせいではないか?
と必要異常に責任を感じてしまうことも多いです。

 

 

ストレスに対して気持ちが落ち込んでしまっているところに
「上手くいってないのは自分が悪いからだ…」と感じてしまい、
どんどん気分が落ち込んでしまって悪循環になってしまうのです。

 

 

では実際に適応障害になってしまった場合、どのような症状が出てくるのでしょうか?

 

 

 

適応障害の症状について

 

適応障害になってしまうと、ある特定の状況や出来事をつらく感じてしまい、
それによって精神面、身体面、行動面に異常が現れます。

 

 

情緒面の症状

抑うつ気分、不安、怒り、焦燥感や緊張など

 

行動面の症状

暴飲暴食、無断欠席、喧嘩、無謀な運転など

 

身体面の症状

頭痛、めまい、汗をかく、動悸、嘔吐、倦怠感など

 

 

あなたも日々の生活の中で思い当たる症状や行動はありませんか?
自分でも気づかないうちに適応障害の症状が出ることもあるので要注意です。

 

 

また適応障害の特徴として、
ストレス因から離れると症状が改善することがあります。

 

 

例えば、仕事の日には憂鬱な気分になってしまったり、
めまいや動機がとまらないという症状が出てしまうのに、
休みの日などストレスが少ない時には、
憂鬱な気分が楽になり好きなこともできるようになります。

 

 

これが鬱(うつ)病になってしまうと、持続的に憂鬱な気分が続くため、
常にやる気が起こらなくなってしまい、何も楽しめなくなってしまいます。

 

 

 

適応障害を乗り越えるためには?

 

一般的に、適応障害の治療については2通りあると言われています。
それはストレス要因の除去と、本人の適応能力を高める方法です。

 

 

適応障害の薬

 

 

ストレス要因の除去

看護師として働いている人は、日々様々なストレスを抱えています。
人間関係、日々の残業、休日の強制出勤など色々原因がありますが、
あなたを悩ませているストレスから離れることが一番の解決方だと言われています。

 

そのため、配属先異動や転職によって職場環境を変えることで、
ストレス要因から離れることが一番オススメです!

 

 

本人の適応能力を高める

まずは、ストレス要因に対する本人の受け止め方をヒアリングして、
その受け止め方のパターンに対して、アプローチをかけていく方法です。

 

認知行動療法というカウンセリング療法になり、かなり専門的になってくるため、
専門医を始め本人だけでなく周囲のサポートも必要不可欠になり、
ストレス要因の除去よりもかなり時間をかけて取り組む治療になります。

 

 

もしあなたが今、適応障害で悩んでいるのであれば、
まずは職場環境を変えてみることを考えてみましょう!

 

 

そのためにも異動も視野に入ってくるかもしれませんが、
基本的にはストレスを感じている職場へ向かうこと自体が、
心に小さなストレスをためていってしまう可能性もあるため、
異動よりも転職することでストレス要因を0にしてしまうことが重要です。

 

 

 

適応障害から復帰をする際に気をつけておきたいポイント

 

もしあなたが適応障害から復帰をしたいと考えている場合、
転職することで1からやり直していくことをオススメしますが、
その際に気をつけておきたいことがあります。

 

 

転職することによって、あなたの抱えていたストレス要因が
本当に0になるのかということを調べておくことです。

 


適応障害から復帰をする時のアドバイスをする転職コンサルタント

 

 

例えば、適応障害になってしまった原因が夜勤である場合、
日勤のみの仕事を選ぶことが重要になってきます。

 

 

ただ、中には看護師の人数が少ないから…と言って、
日勤だけの予定が夜勤に入らないといけなくなってしまい、
結果的にまた適応障害が再発してしまうケースもあります。

 

 

そうならないためにも、転職先の職場環境について調べておくことが重要です。

 

 

 

転職先の内部情報を調べるためには?

 

実際に転職活動をしていく中で、求人を探すこと自体は簡単ですが、
本当にその職場があなたにとって長く働ける職場か見極めることが大切です。

 

 

そのためにも個人的には看護師転職サイトに相談をすることをオススメします。

 

 

転職サイトでは、まずあなたの希望を聞いた上で求人をピックアップしてくれ、
更にはそれぞれの職場で働いていた看護師の評判や口コミについて教えてもらえます。

 

 

転職先の内部情報を教えてくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

例えば「◯◯病院であれば、夜勤専従のスタッフが多いから日勤のみで働けますよ」
など病院の内部の情報について事前に教えてもらえるので、安心して転職先が選べます。

 

 

適応障害からの復帰は不安なことも多いかと思います。
だからこそ転職サイトのコンサルタントに相談しながら進めていくことで、
安心して転職活動も進められるのではないかと思います。

 

 

実際に私自身が相談に乗っている看護師の多くが、
転職サイトを利用して適応障害から現場に復帰をしています。

 

 

あなたが安心して復帰が出来る職場を探すためにも、
看護師転職サイトのコンサルタントに相談してみましょう。

 

 

 

日勤のみの求人も扱っている看護師転職サイトは?

 

日勤のみの求人が豊富「看護のお仕事」

 

看護のお仕事の登録画面

 

 

日勤のみの求人も多数扱っている

適応障害から復帰をする時には、日勤のみで働ける職場が第一優先です。
看護のお仕事では日勤のみで働ける職場をコンサルタントに探してもらえるので、
実際に転職してからも身体への負担も少なくなります。

 

 

転職先の内部情報にかなり詳しい

看護のお仕事では看護師の紹介実績も多いので、
病院ごとの内部情報にもかなり詳しいです。

 

実際に働いていた看護師からの口コミを聞いているので、
看護のお仕事では離職率の高い病院リストというものも存在するようです。

 

担当のコンサルタントに「ここの病院は新人イジメがあって…」など、
事前に内部情報を聞いてから転職先を選ぶことが出来るので安心です。

 

 

コンサルタントの対応が丁寧

看護のお仕事ではコンサルタントの7割が女性のため、
寄り添って話を聞いてもらえるので相談しやすいという人も多いです。

 

またお悩み相談の受付もしているので「まだ転職とまではいかないけど…」
という人も悩み相談の専任アドバイザーもいるので安心です。

 

 

看護のお仕事に相談してみる

 

 

 

関連ページ

パニック障害
パニック障害の看護師は鬱病についで多いと言われています。突然、激しい動悸や息苦しさ、全身の震え、めまいなどの症状が体を襲います。パニック障害で悩んでいる新人看護師はどうすれば乗り越えられるのか?についてアドバイスをまとめてみました。
うつ病
新人看護師の中にはうつ病で悩んでいる人も少なくありません。看護師の仕事は、精神的にも体力的にもストレスを感じやすいためうつ病になってしまい休職をせざるおえなくなってしまう人もいます。では実際にうつ病になってしまうと看護師としての復帰は難しいのでしょうか?
不眠症
新人看護師の中には不眠症でなかなか眠れないと悩む人も多いのではないでしょうか?夜勤が始まってから眠れなくなってしまったり、不規則な睡眠リズムで体調を崩してしまう人も少なくありません。そんな不眠症で悩む看護師へのアドバイスをまとめてみました。
自律神経失調症
新人看護師の中には自律神経失調症で悩む人も多いのではないでしょうか?めまいや動機が激しい、手足のしびれや痛みがある、慢性的な頭痛に悩まされている…などの症状がある場合は要注意です。そんな自律神経失調症で悩む看護師へのアドバイスをまとめてみました。
膀胱炎
看護師の仕事は職業病と呼ばれるものが多々ありますが、膀胱炎もその一つです。忙しい環境の中で、トイレを我慢してしまったり、ストレスや疲労がたまってしまい膀胱炎を発症してしまうケースもあります。そんな膀胱炎の予防法についてまとめてみました。
朝起きれない
「朝起きれない…」と悩む看護師は非常に多くいます。朝が起きれないために遅刻してしまったり、勤務開始時間ギリギリに出勤してしまって…先輩にも怒られてしまいますよね。そんな朝に弱い看護師へのアドバイスをまとめてみました。
腰痛がつらい
看護師の職業病とも言われている腰痛ですが、多くの看護師が腰痛の悩みを抱えています。原因は患者さんの介助をする時に腰に負担がかかっていたり、また不規則な生活でゆっくり休めていないことも原因と言われています。そんな腰痛の解決方法をお伝えします。
胃がいたい
新人看護師の中には胃が痛くなるほどストレスを感じている人も多いのではないでしょうか?人間関係、過酷な勤務環境、仕事のプレッシャーなど様々な要因が考えられます。そんな新人看護師の胃痛の解消法についてまとめてみました。

転職についての悩み 体調不良の悩み 人間関係の悩み 不安について 職場環境の悩み 新人看護師の転職先