トップへ戻る

「腰に激痛が・・・!!」腰痛に悩んでいる新人看護師へのアドバイス

腰痛で悩む新人看護師へのアドバイス

「腰に激痛が・・・!!」腰痛に悩んでいる新人看護師へのアドバイス

腰痛がつらい…と悩む人へ

 

あなたは看護師の仕事をしている中で、腰痛になってしまったことはありますか?

 

日常生活にも支障をきたしてしまう腰痛ですが、看護師として働く人の中でも
2人に1人が腰痛の悩みを抱えていると言われています。

 

 

腰痛で悩む新人看護師

 

 

看護師の職業病とも言われるくらい、多くの看護師が悩む腰痛ですが、
中には仕事が出来なくなるくらいの痛みを伴い、休職や退職してしまう人もいます。

 

 

私自信も看護師2年目の時に、患者さんの入浴介助中に急に腰に痛みを感じて、
そのまま動けなくなってしまった事があります(汗)それからずっと慢性的に腰痛です。

 

 

自分の経験もあったので、まずは看護師が腰痛になりやすい原因を調べてみました。

 

 

 

看護師が腰痛になりやすい原因とは?

 

患者さんの介助業務で腰に負担がかかる

腰痛になる一番の原因が、患者さんの介助業務で腰に負担がかかっている為です。
食事介助やトイレ介助など、全て中腰で行うため非常に腰に負担がかかります。
また介助業務の中でも患者さんの体位変換は、自分よりも体重の重い患者さんの
場合など、かなり腰を酷使している状態になっているのです。

 

 

日々のストレスも腰痛の原因の一つ

職場の人間関係をはじめ、先輩看護師からのパワハラや、
残業の疲れなど日々蓄積されたストレスが自律神経の乱れを引き起こしています。
そのため自律神経が乱れることで、体のバランスも崩れてしまい
全身の関節に負担がかかることが自然と腰痛へと繋がってしまうのです。

 

 

日勤と夜勤による不規則な生活の乱れ

看護師として仕事をしている以上、仕方ないのですが日勤と夜勤による
不規則な生活リズムや、それによる睡眠不足も原因と言われています。
不規則な生活で積み重なった疲労や、休みの日の勉強会、日々の残業など、
なかなかリフレッシュ出来ないことが、さらに腰痛をひどくさせているケースが多いです。

 

 

 

看護師が腰痛を解決する方法

 

一度腰痛になってしまうと、仕事中もずっと腰が痛いため、
日々の看護業務に集中出来なくなってしまうこともあります。

 

だからこそ早めに腰痛が改善することが非常に重要になります。
では早速ですがわたし自信も実践している腰痛の改善方法をお伝えします。

 

 

腰痛の改善方法を教えてくれる看護師

 

 

腰痛ベルトやコルセットを使用する

看護師の仕事をしている中で、腰痛になってしまうことは致命傷ともいえます。
痛みを感じるまま、何もせずに放っておくと更に悪化してしまうので要注意です。
だからこそ病院などでしっかりとした腰痛ベルトや骨盤矯正のコルセットを購入し、
正しい付け方をすることで、腰への負担はかなり減らすことができます。

 

 

自宅で出来るセルフケアを行う

腰痛になる原因として、自分でも気づかないうちに骨盤が歪んでいたり、
血流が悪くなっていることが腰痛を悪化させてしまう原因でもあります。
そこで自宅で出来るお風呂あがりのヨガやストレッチがオススメです。
姿勢を正しく矯正するためには日々の積み重ねが一番大切になってきます。

 

 

仕事環境の改善をはかってみる

腰痛の一番の対策は、仕事環境の改善と言われています。
というのも腰痛は、腰を酷使する環境で働いている限りなかなか改善しません。
病棟や介護施設での勤務であれば、どうしても患者さんの介助業務がありますが、
病院の外来やクリニックであれば介助業務もなくなるため腰の負担も軽くなります。

 

 

職場環境の改善を進めるコンサルタント

 

 

また最後になりますが、ストレスが腰痛の原因となるとも言われていることから、
しっかりとした睡眠や休息も、腰痛の改善には大切なポイントになります。

 

 

腰痛をキッカケに転職を考える人も非常に多くいます。
腰痛が今以上に酷くなってしまう前に、仕事環境の改善も考えてみましょう。

 

 

 

職場環境を帰ることが腰痛改善の近道!

 

腰痛持ちの看護師にとっての転職先の一番の条件としては
「腰に負担のかからない仕事」という点になってくると思います。

 

 

基本的にはハローワークや求人広告で転職活動をしてしまうと、
どうしても看護師の仕事内容の詳細までは分からないため、
入職してから「こんなはずじゃなかったのに…」ということも起こってしまいます。

 

 

だからこそ、もしあなたが今の職場で腰痛で悩んでいる場合
看護師転職サイトのコンサルタントに相談してみることがオススメです。

 

 

腰痛を改善出来る職場を提案してくれる看護師転職サイト

 

 

腰痛は万病の元とも言われていますので改善できる職場を探すためにも、
ぜひ一度看護師転職サイトに相談をしてみましょう(^^)

 

 

腰痛に悩む人におすすめの看護師転職サイトを見てみる

 

 

関連ページ

適応障害
適応障害と診断されてしまった新人看護師の悩みについてです。適応障害になってしまうと、憂鬱な気分や不安感が強くなり、涙もろくなったり過剰に心配したりしてしまいます。適応障害で悩む新人看護師が復職するためのステップを考えてみましょう。
パニック障害
パニック障害の看護師は鬱病についで多いと言われています。突然、激しい動悸や息苦しさ、全身の震え、めまいなどの症状が体を襲います。パニック障害で悩んでいる新人看護師はどうすれば乗り越えられるのか?についてアドバイスをまとめてみました。
うつ病
新人看護師の中にはうつ病で悩んでいる人も少なくありません。看護師の仕事は、精神的にも体力的にもストレスを感じやすいためうつ病になってしまい休職をせざるおえなくなってしまう人もいます。では実際にうつ病になってしまうと看護師としての復帰は難しいのでしょうか?
不眠症
新人看護師の中には不眠症でなかなか眠れないと悩む人も多いのではないでしょうか?夜勤が始まってから眠れなくなってしまったり、不規則な睡眠リズムで体調を崩してしまう人も少なくありません。そんな不眠症で悩む看護師へのアドバイスをまとめてみました。
自律神経失調症
新人看護師の中には自律神経失調症で悩む人も多いのではないでしょうか?めまいや動機が激しい、手足のしびれや痛みがある、慢性的な頭痛に悩まされている…などの症状がある場合は要注意です。そんな自律神経失調症で悩む看護師へのアドバイスをまとめてみました。
膀胱炎
看護師の仕事は職業病と呼ばれるものが多々ありますが、膀胱炎もその一つです。忙しい環境の中で、トイレを我慢してしまったり、ストレスや疲労がたまってしまい膀胱炎を発症してしまうケースもあります。そんな膀胱炎の予防法についてまとめてみました。
朝起きれない
「朝起きれない…」と悩む看護師は非常に多くいます。朝が起きれないために遅刻してしまったり、勤務開始時間ギリギリに出勤してしまって…先輩にも怒られてしまいますよね。そんな朝に弱い看護師へのアドバイスをまとめてみました。
胃がいたい
新人看護師の中には胃が痛くなるほどストレスを感じている人も多いのではないでしょうか?人間関係、過酷な勤務環境、仕事のプレッシャーなど様々な要因が考えられます。そんな新人看護師の胃痛の解消法についてまとめてみました。

転職についての悩み 体調不良の悩み 人間関係の悩み 不安について 職場環境の悩み 新人看護師の転職先