トップへ戻る

新人看護師が転職するための3つの方法を徹底比較してみました!

新人看護師が転職する3つの方法

新人看護師が転職するための3つの方法を徹底比較してみました!

新人看護師が転職先を探すためには?!

 

新人看護師の場合、ほとんどぼ人が初めての転職になると思います。

 

 

そこで転職を考えた際に「どのように進めたらいいのか分からない…」
という人も実際には、多いのではないでしょうか?

 

 

新人看護師が転職するためのアドバイスをくれる転職サイトのコンサルタント

 

 

そこで一般的な転職の流れについて代表的な3つのパターンをあげてみます。

 

 

最近では、様々な手段で転職が出来ることもあって、
新人看護師も比較的転職がしやすくなっています。
ただ、それぞれにメリット・デメリットがあるのでしっかりと見ておきましょう。

 

 

 

転職するための3パターンの方法

 

ハローワークを利用する

 

一昔前は、転職といえばハローワークを利用するという人が非常に多く、
年齢が高い看護師さんなんかは今でもハローワークを利用する人も多いです。
ハローワークの場合、国が職業紹介や就職支援のサポートをしていたり、
また失業保険や再就職手当の支給を管理もしている機関になります。

 

メリット

失業保険など一緒に手続き出来る
ハローワークを通すと国から病院にお金がもらえるため採用されやすくなる

 

 

デメリット

基本的に求人の更新があまりされない
病院の内部事情まで把握していない
わざわざ足を運ぶのが面倒くさい

 

 

求人広告を利用する

 

新聞広告の折込をはじめ、最近ではインターネット広告などで求人を見つけて、
募集を出している病院や施設に、自分自身で問い合わせをすることになります。
看護師に強い求人広告といえば、例えばネット広告の「とらばーゆ」です。
紙媒体よりもネットの方が情報量も多いのでオススメです。

 

メリット

自分のタイミングで求人を探せる
採用側が広告代を出しているため採用されやすい

 

 

デメリット

すぐに求人が埋まってしまう
病院の内部情報を知ることが出来ない
自分で問い合わせするのが面倒くさい

 

 

看護師転職サイトを利用する

 

最近では、転職サイトを利用している看護師が非常に多いです。
転職サイトのサービスは、人材紹介として運営しているため、
採用側は看護師が入職することで手数料を支払うため、
看護師は無料でサービスを利用することが出来ます。
中には看護師が、転職支援金がもらえる転職サイトもあります。

 

メリット

レアな求人など求人数が圧倒的に多い
入職まで全てサポートをしてくれる
病院や施設の内部情報を聞ける

 

 

デメリット

強引に入職を進められることがある
採用ハードルが多少上がる
転職サイトによって質がバラバラ

 

 

看護師転職サイトの女性コンサルタント

 

 

看護師が転職を考えた時に、主に3つのパターンが考えられます。

 

 

転職において一番大切なのは、長く勤められる職場を探すことになります。
そのため、個人的には看護師転職サイトを利用して転職活動をサポートしてもらうことをオススメします。

 

 

理由としては、病院の内部情報を事前に聞くことで、
入ってから「思っていたイメージと違った」ということも減らせます。
特に新人看護師の場合、1人で判断するのではなく客観的なアドバイスを
もらいながら慎重に転職活動を進めていくことで失敗も少なくなると思います。

 

 

ただ看護師転職サイトといっても100以上の数があります。
先ほども出てきたように転職サイトによってはサービスや質はバラバラなです。
中には求人数が少ない転職サイトや、強引に転職を進めてくるところもあります。。
そんな転職サイトを選ばないように気をつけなければいけません。

 

 

私自身が相談にのっている看護師が、
実際に看護師転職サイトを利用した評判なども聞いた中で、
おすすめ出来る看護師転職サイトをまとめました。

 

 

新人看護師におすすめの看護師転職サイトを見てみる

 

 


転職についての悩み 体調不良の悩み 人間関係の悩み 不安について 職場環境の悩み 新人看護師の転職先