トップへ戻る

新人看護師が病院から美容クリニックに転職する時に注意点・・・!

新人看護師が病院から美容外科に転職する時に気をつけておきたいこと

新人看護師が病院から美容クリニックに転職する時に注意点・・・!

新人看護師が美容クリニックに転職する時の注意点

 

新人看護師の中でも美容クリニックに興味がある人も多いかと思います。

 

 

最近では美容クリニックの数も増えており看護師の需要も増えてますが、
新人看護師の場合は経験もスキルもないため採用してもらえるのか不安…
という人も多いのではないかと思います。

 

 

美容外科に転職したい新人看護師

 

 

ちなみに新人看護師であっても美容クリニックに転職することは可能です!

 

 

ただ、美容クリニック自体が採用ハードルが元々高いため、
ある程度の看護師スキルがあることに越したことはありません。

 

 

そのため出来ることなら、最低1年間は病院で臨床経験を積んだ上で、
美容クリニックへの転職を考えましょう。

 

 

 

美容クリニックの仕事内容について

 

美容クリニックで働きたいと思っている新人看護師の中でも、
看護師の仕事内容について詳しく分からない…という人も多いかと思います。

 

 

まず始めに、美容クリニックの看護師の仕事内容について理解しておきましょう。

 

 

(美容クリニックの看護師の仕事内容)

 

受付業務
カウンセリング
医療器具の滅菌・洗浄
採血・点滴
各手術の直接介助・間接介助
レーザー治療の処置・介助

 

 

美容クリニックは、看護師業務以外に受付や電話対応などの事務作業もあります。

 

 

初めて美容クリニックで働く看護師は「こんなことも看護師がやるの?!」
と病院の看護師の役割とのギャップに驚くことも多々あるかもしれません。

 

 

そのような部分は、事前にしっかりと把握した上で転職活動をしていきましょう。

 

 

また美容クリニックとして一括りにされることが多いのですが、
実際は「美容外科」と「美容皮膚科」の2種類に分かれます。

 

 

美容外科と美容皮膚科の違いを説明する看護師

 

 

美容外科は名前の通り「外科」という名前だけにオペがほとんどです。
二重手術などの顔のパーツ整形や豊胸、脂肪吸引などの手術がメインです。

 

 

また美容皮膚科は、美容を目的とした皮膚の治療・施術を行います。
火傷の負傷の治療をはじめ、レーザー脱毛、アンチエイジングなどがメインです。

 

 

オペ経験があるかないかによっても選択肢が変わってくることもありますが、
まずはあなたがどちらの分野に興味があるのかを考えてみましょう。

 

 

 

美容クリニックで働くメリット

 

日勤のみでも給料が高い!

美容クリニックは自由診療となるため、高額な治療費によって利益が高く、
看護師の給料への還元率もとても高いのが美容クリニックの特徴です。

 

看護師の給料も日勤のみで月給40万(!)というクリニックも多々あります。

 

中には看護師一人ひとりに売り上げ目標が掲げられており、それを達成したり
クリニックの売上目標を達成すると更にボーナスが出ることもあります。

 

 

元気な患者さんが多いので気持ちが楽

美容クリニックでは、病院とは違い命に対するプレッシャーが少なかったり、
病気や怪我で来院するのではなく「もっと美しくなりたい」という患者さんの
サポートをするため、病院で働いているよりも気持ちが楽だという人も多いです。

 

また看護師としてキレイになっていく患者さんに、喜んでもらえる仕事でもあるので、
看護師としても、病院とは違ったやりがいを感じられるという声も多いです。

 

 

社員割り引きで安く施術が受けられる

美容クリニックでは社員割引りとして、美容の施術が安く受けることが出来たり、
働いているお店で販売されている化粧品などを安く購入することも可能です。

 

また脱毛などを看護師同士で練習することもあるため、無料で脱毛の施術を
受けられることもあり、美容クリニックで働く看護師ならではの特典だと思います。

 

 

 

美容クリニックで働くデメリット

 

1年以上の臨床経験が必須

美容クリニックは病院と違い看護師の人数もそこまで多くありません。
そのため教育まで手が回らないことから、1年未満の経験では採用されにくいのが現実です。

 

もちろん年齢的には若い方が採用されやすいのですが、それなりの経験も必要のため、
もしあなたが1年未満の経験であっても、どうしても美容クリニックで働きたい場合は
大手美容クリニックなど看護師の人数が多いところが狙い目です。

 

 

人間関係が良くないところが多い

美容外科の看護師は、人の入れ替わりが非常に激しく離職率は高めです。

 

売上ノルマがあるような美容クリニックでは気が強い看護師も多く、
気が弱い看護師はイジメの対象になってしまいがちです。
「自分には合わない…」と感じる人は、1〜2週間で辞めてしまう人もいます。

 

 

看護師としての基礎が積めない

美容クリニックでは病院で経験する看護師の基礎は積めないため、
新人看護師が1年未満のタイミングで、美容クリニックへ転職することは危険です。

 

点滴・採血を始めベッドサイドの看護など、病棟だからこそ学べることも多いです。
出来れば1年以上の経験を積んでから美容クリニックに転職を考えましょう。

 

 

 

美容クリニックに絶対に転職したい人へ

 

新人看護師の中には、美容クリニックで働きたいという人は非常に多くいます。
しかし病院とは違い、求人数もそこまで多くなく採用ハードルも高いため、
転職したくてもなかなか美容クリニックに入れない、、という人も少なくありません。

 

 

そのため、美容クリニックの転職先を探す場合にオススメなのが、
看護師転職サイトに相談をして転職活動を進めることです。

 

 

美容クリニックを紹介してくれる看護師転職サイトのコンサルタント

 

 

美容クリニックの求人は、ハローワークや求人広告に出ていることは少なく、
ほとんどが看護師転職サイトやホームページから採用をしています。

 

 

しかしホームページを一つひとつ見ていくのもかなり大変ですし、
なるべく多くの求人を探そうと思えば、やっぱり転職サイトに聞くのが一番です。

 

 

ただ、看護師転職サイトを選ぶ時に気をつけたいのが、
転職サイトによっても美容クリニックの求人数は大きく異なるという点です。
というのも、基本的には看護師転職サイトで扱っている求人といえば、
病院や一般的なクリニック、介護施設がほとんどです…。

 

 

そのため、転職サイトであればどこでも同じでしょと適当に選んでしまっては、
美容クリニックの求人が少ない可能性もあるのです。

 

 

 

美容クリニックの求人が多い看護師転職サイトは?

 

美容クリニックの求人数NO.1「看護のお仕事」

 

看護のお仕事の登録画面

 

 

美容クリニックの求人数が多い

看護のお仕事では病院以外にも求人の種類が多いと言われていますが、
その中でも美容クリニックの求人に非常に強みを持っています。

 

大手美容外科をはじめ、アットホームな個人クリニックや脱毛専門サロンなど、
他の転職サイトでは教えてもらえないような求人を多く扱っています。

 

 

内定率80%の実績!

多くの求人数を揃えていても内定がもらえなければ意味がありません。
通常美容業界の内定率は50%を切ってしまうと言われていますが、
看護のお仕事の場合、コンサルタントが丁寧に面接対策をしてくれるため、
美容クリニックへの内定率80%以上の実績を誇っています。

 

履歴書の書き方から、面接でのマナー、質問に対する回答方法など、
事前に入念に対策をしてもらえるので、安心して面接に望むことが出来ます。

 

 

転職先の内部情報にかなり詳しい

看護のお仕事では看護師の紹介実績も多いので、
クリニックごとの内部情報にもかなり詳しいです。

 

実際に働いていた看護師からの口コミを聞いているので、
看護のお仕事では離職率の高い事業所リストというものも存在するようです。

 

担当のコンサルタントに「ここのクリニックは看護師の離職率が高くて…」など、
事前に内部情報を聞いてから転職先を選ぶことが出来るので安心です。

 

 

看護のお仕事で美容クリニックの求人を確認する

 

 

 

関連ページ

病棟からクリニックへ
新人看護師の中には病棟からクリニックに転職したいと考えている人も多いのではないでしょうか?クリニックなら日勤のみで働けるし楽そうだから…と考える人も少なくありません。ただ安易にクリニックに転職してしまうのは非常に危険?!です…。
急性期から回復リハへ
新人看護師の中には、急性期病院で疲れてしまい回復期リハで働きたい…と考える人も多いのではないでしょうか?回復期リハならゆっくりと患者さんに関われそうだからという理由で転職を希望する人も多いですが、安易に転職を考えるのは危険かもしれません…。
病棟から外来へ
新人看護師の中には急性期病院の病棟で働いていて、忙しい業務の残業や人間関係の悩みから病院の外来への転職を考えている新人看護師も多いかと思います。ただ病院の外来へ転職の際に気をつけておかなければいけないデメリットもあるので要注意です!
急性期から療養型へ
新人看護師の中には急性期で疲れてしまい療養型に転職を考える人も多いのではないでしょうか?療養型であれば、バタバタせずゆっくり患者さんと向き合えると思い転職を考える人もいますが、実際には介護業務が多く体力的にしんどいことも多々あります。
病棟から透析室へ
新人看護師が病棟で働くことに疲れてしまい透析室への転職を考える人も多いのではないでしょうか?ただ透析室の業務は未経験でも大丈夫なのか気になる人もいるかと思います。そんな透析室の仕事内容についてまとめてみました!
病棟からオペ室へ
新人看護師の中には急性期病院の病棟で働いていている人の中には、いつかオペ室で働いてみたい!という人もいるのではないでしょうか?実際に信じん看護師がオペ室に転職する時に、気をつけておきたい注意点をまとめてみました。ぜひオペ室で働きたい人は必見です。
病棟から介護施設へ
新人看護師の中には大学病院や規模の大きな急性期病院の病棟で働いていて、忙しい業務の残業や人間関係の悩みから介護施設への転職を考えている人多いかと思います。ただ、新人看護師が介護施設への転職の際に気をつけておかなければいけない注意点もあります!
病棟から訪問看護へ
新人看護師の中には急性期病院の病棟で働いていて、忙しい業務の残業や人間関係の悩みから訪問看護の転職を考えている新人看護師も多いかと思います。ただ、新人看護師が訪問看護への転職の際に気をつけておかなければいけないデメリットもあります!
病院から保健師へ
新人看護師の中には看護師として働いているけど、今後は保健師として働きたいと考える人も少なくないのではないでしょうか?夜勤もなく土日休みの多い保健師業務ですが、新人看護師が保健師の転職するには気をつけておきたい点がいくつかあります。

転職についての悩み 体調不良の悩み 人間関係の悩み 不安について 職場環境の悩み 新人看護師の転職先