体調不良 PR

看護師がうつ病になってしまっても復帰出来る?【最就職するための手順を解説】

  • 看護師がうつ病になってしまったらどうすれば良いの?
  • 今は休職中だけど、出来れば看護師として復職したい
  • 復職する時、どんなことに気をつけたらいい?

看護師の仕事には、様々なストレスが伴うため、うつ病を始めとした精神疾患を発症してしまう人も少なくありません。

うつ病になってしまった場合、早めに病院を受診して治療をしていくことが重要ですが、今後看護師として復職が出来るのか不安に感じる人も多いのではないかと思います。

この記事では、看護師がうつ病になってしまった時の対処法や復職方法について解説していきます。

キャリアカウセラー 京子
キャリアカウセラー 京子
もし、あなたが今うつ病で悩んでいるのであれば、ぜひ参考にしてみてくださいね。

看護師がうつ病になってしまう原因について

看護師の仕事は、様々なストレスに晒されています。まずは、看護師がうつ病を発症してしまう理由について、詳しくみていきましょう。

過酷な勤務環境に対するストレス

看護師は、人手不足の職場も多く、一人当たりの業務量が多くなりがちです。

残業で家に帰るのが遅くなったり、休日も勉強会などで強制出勤があるなど、プライベートの時間が全く取れないというケースも少なくありません。

生活の乱れはメンタルの不調にも繋がり、改善がされないことでうつ病を発症してしまうこともあります。

人間関係に対するストレス

看護師の世界は、女性が多く女性特有の人間関係の難しさがあります。

イジメやパワハラが横行している職場も多く、その対象になってしまうとメンタルもやられてしまいます。

過度なプレッシャーに対するストレス

看護師は患者さんの命を預かる責任の重い仕事でもあるので、常に気を張ってプレッシャーと戦っています。

そんなプレッシャーに押しつぶされてしまい、うつ病を発症してしまうケースもあります。

うつ病を発症してしまったら、どうすればいい?

もし、あなたが医療機関でうつ病と診断された場合、治療や療養が必要になります。その際に、やっておきたいことを記載します。

勇気を出して休みを取る

うつ病を発症してしまったら、まずはしっかりと休みを取って心身ともに休めることをオススメします。

看護師の中には責任感が強く、休職せずに頑張ってしまう人も多いですが、限界を超えてパンクしてしまい看護師として働けなくなってしまうケースもあります。

うつ病の最善の薬はとにかく「休む」ことです。しっかりと休息をした上で復職するのか退職をするのか考えましょう。

身近な人に相談をする

もし、あなたがうつ病を発症してしまったら、一人で抱え込むことは非常に危険です。知人や同僚、信頼できる先輩ナースに相談しましょう。

誰かに不安な気持ちを聞いてもらうことで、心理的にも楽になります。

異動や配置変更を申し出る

看護師がうつ病を発症してしまう原因として多いのが、夜勤による変則勤務やハードワークな職場環境による生活リズムの乱れです。

このような場合、異動をして夜勤が少なく環境に変わったり、残業が少ない環境に変わると、一気に症状が改善されることがあります。

働き方を変えて、気持ちを切り替えることで精神的な負担を軽減できるので、直属の上司に相談をしてみましょう。

うつ病になってしまっても看護師として復職できる?

結論からお伝えすると、うつ病た退職してしまっても看護師として復職することは可能です。

もちろん復職するにあたって、「周りに迷惑をかけないかな?」「またうつ病を発症したらどうしよう…」など不安に思うことはあると思います。

しかし、あなたが「看護師としてまた働きたい」という意欲があれば大丈夫です。

心身ともに無理をし過ぎないよう、医師にも相談しながら慎重に復職にむけて準備を進めていきましょう。

復帰の際に転職という選択肢もある

実は一番気をつけたいのが、休職してから復帰をする時です。

医師からも復職しても大丈夫という診断を受けた際に、うつ病になってしまった原因がある環境に戻ってしまうのは非常に危険です。

というのも、同じ職場の人たちとの人間関係が理由などであればなおさらですが、人間関係に原因がなかったとしても、同じ環境に戻ってしまい以前のことがフラッシュバックしてしまうことはよくあります。

だからこそ、復帰を機に思い切って転職をするというのも選択肢の一つです。

復職(転職)をする時に気をつけておきたい3つのポイント

もし、あなたが看護師として復職をしたい場合は、下記の3つのポイントを抑えた上で、転職活動を進めていきましょう。

転職先にはうつ病であることを伝える

うつ病であることを伝えるのは、転職に不利になるのでは?と思うかもしれませんが、伝えずに転職をしてしまう方が危険です。うつ病であったことを伝えていないばかりに、転職後もハードな仕事を強いられたり夜勤に多く入れられてしまう可能性もあります。

無理をすることは、うつ病を悪化させてしまうだけです。うつ病であったことを伝えた上で採用をしてくれた病院は、理解がある職場環境を用意してもらえるはずです。

転職先の病院情報を調べてしっかりと見極める

うつ病から復職をする際に、職場選びで気をつけておきたいのが「うつ病を発症してしまった原因」を排除をすることです。

例えば、人間関係で悩みを抱えていたのであれば、次の職場では人間関係(イジメやパワハラ)のない職場環境に身を置くようにしましょう。

また夜勤の変則勤務で体調を崩してしまった場合は、日勤のみの働き方を選ぶようにしましょう。

一人で転職活動を進めない

うつ病からの復職を目指す場合、一人で転職活動を進めるのは非常に危険です。「うつ病から復帰をした際にどんな職場を選んだ方がいいのか」「面接の時に、病気のことはどう伝えたらいいのか」など、など、転職を進める上で不安なことがたくさん出てくると思います。

そんな時は、看護師転職サイトに登録をしてキャリアアドバイザーに相談をしてみましょう。数多くの求人の中から、あなたに合った職場を紹介してもらえますし、面接におけるサポートまでしてもらえます。

キャリアカウセラー 京子
キャリアカウセラー 京子
あとは、看護師転職では転職先のリアルな口コミも教えてもらえるので、入職してからのギャップが少ないのも利用したいポイントです!

全て無料で利用できるので、ぜひ登録しておきましょう。

うつ病でも安心して相談出来る看護師転職サイトは?

レバウェル看護(旧:看護のお仕事)
職場のリアルがわかる転職

ブラック病院は紹介されない

レバウェル看護では、病院情報に精通していることに加えて、ブラックな病院は紹介しないという方針を徹底しています。

「◯◯病院は看護師の派閥があって…」など、普通では聞けないような話も聞くことが出来るので、入ってからのミスマッチも事前に防ぐことが出来ます。

日勤のみで働ける求人数も多い

うつ病から復帰をする時には、日勤のみで働ける職場を探している人も多いと思います。

レバウェル看護では、日勤のみで働ける求人も多く取り扱っているので、日勤を希望している看護師には特におすすめです。

アドバイザーの対応がすごく丁寧

レバウェル看護ではアドバイザーの7割が女性のため、寄り添って話を聞いてもらえるので相談しやすいという人も多いです。

またLINEで気軽に相談も出来るので、気になる病院の情報をLINEで送ってもらることも出来て忙しい看護師さんにもピッタリです。

おすすめ度
求人数 135,000件
対応エリア 全国OK(※一部離島を除く)
対応時間 24時間、年末年始以外対応

レバウェル看護を利用した人の口コミ

看護師1年目・恵美さん
看護師1年目・恵美さん
人間関係や離職率など、聞きたい病院の内部情報をたくさん教えてもらえました!
「レバウェル看護は職場の内部情報を包み隠さず教えてもらえる」と知人からの助言で利用したのですが、いいことも悪いことも教えてもらえて、納得のいく転職が出来ました!
看護師3年目・サキさん
看護師3年目・サキさん
求人が比較できるようにLINEで求人情報(口コミ付)を送ってもらえました!
別の転職サイトを利用した時は、終始電話がかかってきたのがストレスでしたが…LINEで求人情報を送ってもらえたのが非常に助かりました。
看護師4年目・優子さん
看護師4年目・優子さん
経験年数を踏まえたモデル給を教えてくれたので、求人比較がしやすかったです!
給料UPを目指して転職活動をしていたのですが、私の経験年数を元に給料明細を出してもらえました。また面接時に給料交渉までしてもらえて、お給料アップも叶って利用して本当に良かったです。

▶︎レバウェル看護に「無料登録」をして転職先の内部情報を聞いてみる

レバウェル看護で
病院の内部情報を聞く

▶︎新人看護師におすすめの転職サイトのランキングも見てみる